toto助成「バレーボール教室&シンポジウム」IN福島
東京五輪もいいけど、原発事故の収拾もネ
3/16 保原高校 ママさん100名願いは一つ

     

2014年3月16日

「3・11」東日本大震災・福島原発事故から丸3年、3月16日(日)福島・伊達市の県立保原高等学校でtoto助成事業「バレーボール教室&シンポジウム」(主催・NPOスポ法人バレーボール・モントリオール会)を開きました。午前中のバレーボール教室には約100名のママさんプレーヤーが集まり、前田(現姓田村)悦智子さん(76年モントリオール五輪金メダリスト、モン・スポ代表理事)のコーチを受けました。午後は場所を体育館から会議室に移し、シンポジウム。「復興、20年東京五輪、スポーツ」について、内村勝男さん(伊達地区小学生バレーボール連盟総務)、湯田賢史さん(NPO法人ひのきスポーツクラブGM)、司東道雄さん(NPO法人フォルダ理事長)、前田悦智子さんの4名が、宮嶋泰子さん(テレビ朝日アナ、モン・スポ理事)のリードで約2時間、それぞれの立場から考えを話しました。熱心に聞き入っていた約70名のママさんたちのとっては目から鱗の約2時間となりました。

放射能の恐怖、いまだに消えず

福島県は海から山へ横長の国内3番目の面積を誇ります。「浜通り」「中通り」「会津地方」天気予報も3分割して知らせます。被害の最も大きかったのは浜通り地方ですが、今回のイベントは中通リ地方の桃の産地(伊達市保原町)。県立保原高校の校庭にはなまなましい傷痕、仮設校舎3棟が残っていました。新学期には4階建ての新校舎がオープンし、同時に仮設は撤去されるそうです。新校舎に入ると桜の花などを描いたコンクリート片が目に飛び込みました。「壊れたものは修復したり、新設したりできますが、原発事故(放射性物質)は見通せません」佐藤祀男さん(福島県バレーボール協会会長)の言葉はいつまでも耳に残ります。

前田代表、熱気溢れるバレーボール教室

復興の役に立ちたい、と思いつつ3年。やっと来たこの日に、エッコさん(前田代表理事の愛称)は燃えます。東北の寒い朝にもママさんたちも元気いっぱい。県北の38チームから代表約100名が集まりました。斎藤ミヤ子さん(福島県家庭婦人バレーボール連盟理事長)らピンクのセーターを着た役員の皆さんが手助けして、エッコさんも力が入ります。誰もが上手。ボールがコートになかなか落ちません。コート2面を使って、連携プレーの練習を入念に。「決まり事をしっかり守らなきゃだめよ」エッコさんの檄が飛びます。スパイク、サーブをたっぷり打ち込んだら、練習マッチ。ママさんたちの楽しみはこれです。混成8チームで1セットマッチのリーグ戦。ラリーが続きます。本当に上手いです。ゲーム中は役員の方々がラインズマンの指導も行い、さながら講習会のようでもありました。お楽しみは初めて見る本物の金メダル、手に取ったり、首に掛けたり。「重いね」と口をそろえていました。久しぶりに体を動かしと言う還暦のエッコさん。「被災地に元気を届けたい」の願いがやっと叶って、何か吹っ切れた表情で「ママさんに勇気をもらっちゃった」。この日の経験が、それぞれのチームで生かされることを願う3時間でした。

美味しかった“お・も・て・な・し昼食”

ちまき、いか・高野豆腐・大根の煮物、麩の煮付け、そうめんと大葉を詰めたおいなりなどなど。お昼ご飯のメニューです。斎藤さんの“お・も・て・な・し”には涙が出そうになるほどです。伊藤恵美子さん手作りのお菓子はコーヒーと相性抜群。おいしかった、うれしかった。“ありがとう”を何度も口にしました。

最大の被害者は子どもたち、不安募るママ

シンポジウムもママさんばかり約70名。震災復興の最中、子どもたちの成長が気がかりです。登壇者の一言一句に聞き入っていました。
復興について
原発事故の影響をもろに受けている浜通り地方は、スポーツすらできない状況にある地区もあります。ママさんチームでは10チームが活動を中止しているそうです。それを思えば、と言っても中通り地区の仮設に移り住み、スポーツどころではない子ども、ママさんが大勢いるのです。
湯田さんは、岩手、宮城と違って原発事故の影響が福島には大きくのしかかっていると言います。「会津地方では浜通り、中通りでスポーツが出来ない子どもたちを会津に呼んでスポーツのできる場を提供している。冬はスキー中心だが、春になると手や足を動かせるメニュー(イワナ捕りなど)を組んでいる」さすが総合型地域SCですが、子どもの数が減り、活動の場も減り、活動を支える大人も減った、と嘆きます。全国的な傾向とは言え、原発事故後、屋外での活動が制約されている福島県ではなおさらでしょう。小学校教諭でもある内村さんが続きます。「保護者と教員では立場は違うが、学力の問題よりも体力の問題だ。スポーツをする子としない子と2極化している。福島は放射線の影響でぽっちゃり型が多く、体力低下は極限まで来ていると言ってよい」。学校体育、社会体育、地域スポーツと見てきて、小中校での指導者不在と高齢化、スポーツ少年団の減少、スポーツ強化と言えば競技力向上。「(学校も社会もあてにならないなら) 総合型地域スポーツクラブ(SC)が未来の活力になる」と内村さんは力を込めました。
すかさずコーディネーターの宮嶋さんがママさんに問いかけます。「皆さんの中で総合型地域スポーツクラブを知っている人?」パラパラと手が挙がりました。「では、初めて聞く人?」一斉に挙がります。70人中、ほとんどが初耳。聞けば、総合型地域SCの提唱者のひとりは、地元福島大学の黒須充教授とのこと。そのうえ、伊達市にはまだそのSCは誕生していないのです。ちょっと恥ずかしいかな。

スポーツと総合型地域SCについて
総合型と言えばこの人。宮嶋さんは、司東さんにマイクを渡します。東京での会議の後、見学に立ち寄ったところ急きょ登壇させられました。実は、この事業の最初の開催場所は岩手・北上市のNPO法人フォルダでした。縁あって3年ぶりの”再会“。種目100、会員2000名。メンバーは23名の指導員の下で毎日活動、交流を楽しんでいるそうです。「うちのメンバーは1週間92時間、市内の小学生に運動を教えており、北上市には今では跳び箱を跳べない子どもはいない。体力向上のためにも運動を好きになってもらうことを考えて活動している」と司東さん。何しろ約35,000ある総合型地域SCの中でも3本指はいる実績を誇っているのです。何でもありのSC活動。面白い制度を紹介してくれました。「言いだしっぺ制度」、発案した者がリーダーになって即実行。こんなのがありました。ロンドン五輪後、メダリストに会いたいという思いから「フォルダで賞を差し上げますから北上へ来てください」と言うアイデアです。往復はがきでメダリストに出せば、サインももらえることになると言う作戦。来ました。フェンシングチームから色よい返事。パネルディスカッションにまで発展して、大成功だったそうです。
モン・スポは総合型ではありませんが、スポーツの面白さを伝えようとする活動は同じです。前田さんは「幼稚園から大人までスポーツの楽しさを教えているが、褒めることで好きなってもらうよう心がけている。足踏み一つでも、上手だね、と声をかける。私は陸上競技や卓球をやりながらバレーボールにたどりついた。共通点はいっぱいあり、いろんなスポーツを経験することは大事だ。それに脳を活性化せてくれるのでスポーツを楽しんでほしい」と体を動かすことを奨励します。スポーツの語源は、自らを開放することですが、それにしても、原発事故後の放射性物質の影響で福島の子どもたちの体力低下は大きな問題となっています。
内村さんが衝撃的な事例を。「震災年の秋、陸上の記録会をやったら、20b過ぎたらまっすぐ走れない子が何人もいた。幼稚園の子が小学校に入って、ブランコがこげない。
鉄棒、ジャングルジムも出来ない。体力と言うより、人間らしく動く機会さえ奪われていると思う」と。「普段通りの生活が出来ていない」湯田さんも同感です。

宮嶋さんが問いかけます。「その遅れを取り戻すには?」
「体育館に屋外用の設備を作って対応している。そこへ子どもたちが集まるかと言えばそうでもない」内村さんは、努力はしているが、カバーしきれていない現状を嘆きます。震災後、一早くから陸前高田の支援を続けているフォルダ。司東さんは「学校のグラウンドは仮設住宅で使えない。自ずと体育館でと言うことになるが、陸前高田ではサッカーでもバスケットボールでも外で、空地を使ってプレーしている」屋外で体を動かすことの大切さを訴える一方で、「学校で部活をしている子どもにアンケーと取って好きな競技を聞くと別のスポーツを上げる子が多い」と言います。このギャップを総合型地域SCが埋める役割をしているのです。内村さんは言います。「中学校でバレーボール部がないケースが多い。総合型SCは年齢、性別を超えて活動できるので4月からママさんと子どもが一緒にプレーする場を作る」と意気込んでいます。「親子で一緒に参加することは良いこと。(この日の教室でも目にしたが)親が頑張る姿を見て、子供も頑張る」前田さんはママさんの子連れ参加を歓迎していました。

2020年の東京と被災地の未来像は?

2020年東京五輪について
司東さんは歓迎。「オリンピックは子供にとっての夢。岩手県の目標は国体の順位を上げることだからね、県民にとっても夢はますます大きくなる。被災地として何が出来るか、選考予選会を行う案など今から考えている」そうです。息子さんが卒園文にオリンピック選手になりたいと書いたと言う湯田さん。「五輪選手を呼んで話を聞く会を20年まで続けて行く。SCでも機会を作って盛り上げていくが、とにかくスポーツを続ける子どもを作りたい」。前田さんは「私の息子はまだ結婚もしていないのに、子どもにオリンピックを見せたいと言っている。子どもたちが身近にオリンピックを感じてくれることは良いことで、私としては、どんな選手が出てくのかも楽しみだ」。内村さんは福島のことがやっぱり気になるようです。「おいも若きも20年に向かっていくのは構わない。でも、競技力向上と同時に地域のスポーツのことも考えてほしいし、福島の復興も忘れてもらっては困る」と釘。聴視のママさんたちも同じ思いのようです。
宮嶋さんはすかさず問いかけます。「(昨年秋、ブエノスアイレスで取材していて)招致活動に最中ではフランスやドイツのIOC委員や記者たちは、原発事故のことを気にしていたが、安部首相の、完全にコントロールされている、の発言で東京に決まった。それはそれとして、東北の復興の財源はどうなるのか、気になる。20年東京五輪を違う方向から考え、スポーツの与える力を考えてみようと思うが」
内村さんは総合型地域SCの存在感を強調。「日本ではこの道一筋ン10年をよしとする傾向があるが、いろんなスポーツに触れることが大事。SCにはその土壌がある。成長期の子どもたちにとってのスポーツ環境を考えてほしい」と注文します。「地域活動に加わったスポーツ少年団は季節ごとに種目を変えて活動していたが、今では固定化している」と言う湯田さんは総合型SCこそ子どもから老人までのニーズに応えると自負しています。福島県のSCは87。しかし、伊達市はゼロ。県SC連絡協議会委員として「中通り地区は少ないので、重点地域にして設立を働き掛けて行く」と決意表明しました。
オリンピックとくれば、メダル何個、競技力向上、強化費ときます。強化重点競技・選手に注目が集まり、勢い「スポーツ即勝ち負け」が先行して、スポーツ本来の役割を忘れてしまいがちになります。20年まで、この傾向は強くなるばかりでしょう。しかし、スポーツの本来の力を持続、強化することが、東北の被災地復興にもつながるはずです。前田さんは、この日の教室で、スポーツの力を見たと言います。「各チームから代表3名までの集まりなのに和気あいあい、仲良くプレーしていた。ママさん同士の心が繋がり、これぞ復興の力、スポーツは素晴らしいと思い、うれしくなった」そうです。
宮嶋さんが結びます。「スポーツによって、だれもが手をつなぐことが出来る。SCはスポーツを通して助け合うネットワーク、繋がりこそスポーツの力。近くスポーツ庁ができるかもしれない」日本もスポーツを生活に不可欠な文化として認知する国になろうとしているのです。20年の東京と被災地の未来像? 二度目のオリンピックは成熟した国にふさわしい大会になることを、被災地は地域スポーツがパワーとなって新しい東北に生まれていることを、願わずにはおれません。
以上(文責・奥本浩平)

 ▽主催 NPO法人モン・スポ
 ▽共催 福島県バレーボール協会
 ▽主管 福島県家庭婦人バレーボール連盟
 ▽協賛 モルテン
 ▽協力 県立保原高等学校、日本スポーツ振興センター
 
◇参加チーム(いずれも家庭婦人)◇
吾妻、岡山、桑折スマイル、桑折フレンズ、瀬上、伊達クラブ、月館クラブ、松川リバース、葵クラブ、M.パワーズ、かえでクラブ、鎌田、上保原、北沢又、国見なかよし、こおりクラブ、桜クラブ、三育クラブ、清水クラブ、信陵クラブ、杉妻、第三クラブ、第四、伊達あすか、野田J、ファミリー、福島ウイングス、福島東、福島美波、蓬莱東、保原MC、もりえのクラブ、二本松クラブ、やながわ、霊山RVC、渡利クラブ(以上36)

以上



 
 
 
 
 
 
 
 
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved