toto助成「バレーボール教室&シンポジウム」IN大田区
家に帰ったら今日のこと家族に話してください
3/30 ヤマトフォーラム 大田区ママさん勢ぞろい

     

2014年3月30日

今年度最後の「バレーボール教室&シンポジウム」(日本スポーツ振興センターtoto助成事業、モン・スポ主催)は3月30日(日)、東京・大田区羽田旭町のヤマトフォーラムで大田区家庭婦人バレーボール連盟(坂本幸枝理事長)の協力で行われました。平成25年11月にオープンしたこの会場は、ヤマト運輸が日本一の配送センターを建設した際、地域還元を目的に造った多目的スポーツ施設。バレーボールコート2面の広さで、コンサートも開ける音響を誇ります。

思いもよらぬ敵は味方にあり

雨模様の早朝、ママさんバレーボーラ―が集まりました。大田区は東京一、131の家庭婦人チームが活動していますが、この日はその中から10チームの各代表5名、50名が参加。びっくりは小田桐千鶴子さんと小田桐歩さん、武本恵さん、笛田真美さんの3姉妹。親子はあっても母娘4人の“揃い踏み”は珍しい。六郷のママさんチーム「クラッシュ」で仲良くプレーしているそうで、連盟スタッフを加えた約70名と一緒にボールを追いかけていました。
実技指導は白井(現姓高木)貴子さん(76年モントリオ-ル五輪金メダリスト、モン・スポ顧問・理事)。1月末、ヤマト運輸のバレーボール大会で会場を体験しているビッグさん(白井の愛称)は手慣れたものです。連盟の役員の皆さんも顔見知り。コーチ補佐に森恒雄さん(スポーツ指導員)を付けてテキパキと進めます。ストレッチで体をほぐした後は、常日頃「バレーボールはサーブとサーブレシブに尽きる」と言っているだけに、アンダーパスを入念に教えます。
「腕は振らない」「右左へ足を動かし、正面でキャッチ」口やかましくチェック。面白いと言うと語弊がありますが、時間と共に上手くなるのが目に見えるのです。サーブレシーブへ進み、ここでもアンダーパスをくどいほど注意します。スパイクもシートレシーブも一通り練習すると、ブロックです。「スパイカーの鼻を見て、イチ(1)、ニイ(2)、サン(3)と声を掛けて跳びなさい」とコーチ。声を掛けることで、スパイカーも、そのタイミングで打ってくるものだそうです。経験と理論が一体となった指導に、ママさんたちも実戦で納得していました。
 ママさんたちの楽しみは、ゲームです。ここまでは、そのための基礎トレーニング。
9人ずつ即席混成5チームを編成したて、役員の皆さんが審判について、親善マッチを展開して、3時間近い教室は終わりました。ビッグさんの名言を一つ。「味方は敵です。相手はまず相手コートの中にボールを入れてきます。しかし、味方はそのボールをどこへレシーブするか、パスするか、しばしばコートの外へ、意に反して飛ばします。味方ほど裏切るのです」。

不安いっぱい6年後のスポーツ環境は

シンポジウムはフォーラムの一角に椅子を並べた特設会議場。教室に参加した総勢70名のママさんがそのまま延長して出席しました。登壇者は桑田健秀さん(76年モントリオール五輪バスケットボール代表、地域総合型スポーツ倶楽部ピボットフット理事長)、渡辺義太さん(大田区スポーツ推進委員会会長)、坂本幸枝さん、白井貴子さん、コーデイネーターは宮嶋泰子さん(テレビ朝日アナウンサー兼ディレクター、モン・スポ理事)。2020年東京五輪・パラリンピックを前に、地域スポーツは、ママさんたちは何が出来るか―テーマは6年後へ向けて広がります。
 「スポーツをする理由は? 貴方にとってなんでしょう?」宮嶋さんの問い掛けで始まりました。日本体育協会の”フェアプレーで日本を元気に“キャンペーンを引き合いに、7か条(@約束を守ろうA感謝しようB全力を尽くそうC挑戦しようD仲間を信じようE思いやりを持とうF楽しもう)を口にして、スポーツは日常生活そのものもあると訴えました。そのスポーツを楽しむ土壌は6年後、どう変化していているのか。2度目の東京オリンピック、その時は。
「まだバレーボールを続けているだろうか? 前回の東京五輪の時は中学生。今度は孫たちと一緒に楽しみにして待っていようと思う一方で、何らかの形でかかわれたらとも思う」と坂本さんは“2度目の東京”を期待しています。渡辺さんは「64年の東京五輪をきっかけに体育指導員ができ、大田区も67年につくられた」そうで、長い歴史の中で今は名前もスポーツ指導委員。ボランティアとして活動する渡辺会長、「昨年の東京国体に参加して、開会式にものすごく感度した。これがオリンピックだったらと思うと今から心が躍る」と夢を膨らませます。
白井さんは小学校6の時、岡山で白黒テレビを通してワーワー騒いでいるのを観たそうです。「当時は、スポーツをすることは考えておらず、ましてやバレーボールはやりたくなかった」と言います。個人競技は勝っても負けても個人の責任。団体競技(チームスポーツ)は、自分のミスで負けると当然チームの皆に迷惑を掛けることになります。「だから卓球をやろうと思っていたが、背が高かったこともあって中学2年生の夏、バレーボールに誘われた」それが金メダル獲得、しかもチームのエースとして。彼女のすごいのは、「10年がんばれば金メダルが取れる」14歳で自らのバレーボール人生をシミュレーションして、20歳の時初めての五輪代表ミュンヘンで銀メダル、24歳でデッカイ目標を達成したのです。2020年は? 「東京には来ないと思っていた。でも(どんな形で)声がかかるか判らないので、体調を整えて備えたい」どこまでも心は前向きでした。
桑田さんが市川昆監督の東京五輪の映画にしびれたのも白井さんと同じ小6の時。「僕は最後のオリンピック選手(76年モントリオール五輪以来、バスケットボールの日本男子は五輪に出ていない)と言われて60年になる。本物を追究できるスポーツの環境を作りたいとピボットフットを立ち上げた。(64年当時と比べて)社会環境は変わった。経済面で閉塞感のある中で、どんな五輪になるのか。本物を間近で見るのはうれしいが…」と一抹の不安をのぞかせます。宮嶋さんも同じです。「強化ばかりが先に立っているが、より多くの人がスポーツを楽しむ環境を作ることも忘れないでください、と言いたい」、それこそが、戦後復興をアピールした64年とは違う、成熟した国の姿ではないでしょうか。「スポーツをする場所もない、指導者もいない、のが現状です。スポーツのできる環境づくりがこれからのテーマではないか」桑田さんは、その一つがSCだと強調します。

スポーツクラブが地域を変える

 「総合型地域スポーツクラブを知っている人? 手を挙げてください!」宮嶋さんの呼びかけに、手が挙がりません。福島県の際もそうでしたが、総合型SCはお母さんたちにはまだ認知されていないようです。「いつでも、どこでも、だれでも体を動かす。指導者の問題、時間、場所、それらをカバーしているのが総合型地域SC。学校の部活とSCが一緒になって活動する地域も出てきた」とフォローする宮嶋さん。スポーツは空気のように生きることに欠かせないものだけに「(部活などでも)強い弱いが強調されるが、とにかくスポーツを愛する国民になってほしい」が口癖です。坂本さんは「学生のころはバレーボールはやっていなかったが、誘われて家庭婦人でプレーするようになって、今は楽しくて、楽しくて。サッカーだってテレビで観るし、スポーツは何でも好き。ママさんバレーボールの人たちは皆さん、そうだと思う」と家庭生活にも自然とスポーツは入り込んでいると実感しています。
 スポーツ指導員でもある渡辺さんは、学校のスパーツ環境を憂えています。小、中学校では、人材もさることながら、先生に指導する時間がないのも現実。季節ごとにいろんなスポーツが出来る環境にある欧米を羨みつつ「スポーツをする子どもたちの底辺を拡大することが私たちの仕事だ」と意気込みます。お母さんたちにとっても、子育ての中でスポーツの存在は欠かせません。しかし、その場所、時間、コーチ、どれをとっても、今の日本では不十分。宮嶋さんは「オリンピックの映像を子どもに見せること」を提案します。トップアスリートの動きを映像で見ることで子どもたちは興味を持ち、マネすることも出来ます。オリンピアンや一流選手を呼んで話を聞くことも参考になるでしょう。「外国では部活はないが、チェコに行った時、幼い子が頭より大きなサッカーボールを芝生の上で蹴っていた。カナダでは小さな子供がアイスホッケーのスティックを持って飛行機に乗ってきた」現役時代の海外遠征で観た風景を懐かしそうに話す白井さん。桑田さんは「グローバル化しているので、皆でサポートし合う。地域の中で交流することで、いろんな文化を吸収し、視野を広げることが出来る」と現に渡辺さんや坂本さんらとの繋がりを通して大田区のスポーツ環境の底上げを目指しています。その拠点をピボットフットが施設管理している、このヤマトフォーラムに置きたいと言う夢もあるようです。

スポーツ環境づくりにママさんパワー?

「スポーツはなぜするのか?」宮嶋さんがまた問います。「人間は衣食住だけで生きられるかもしれないが、それでは動物と同じ。人間には生活を豊かにするための『文化』というものがある。英語でカルチャー、語源はカルティベイト『耕す』という意味。生活をより豊かにするために人生を耕していく。それが文化、スポーツもその文化の一つなのだ」と宮嶋さんは説く。さらに「1週間に1度スポーツをする成人の割合が日本では47lほどだが、フィンランドでは80lから90l。週3回スポーツする人が66lもいる。北欧のこの国では、暗くて雨や雪の降る秋から冬にかけて自殺者や健康を害する国民が多い。それを阻止するため国を挙げてスポーツ実施率を上げる施策を取った結果が数字に表れている。だから日本もオリンピックで戦う強い選手をつくるだけでなく、国民にも目向けてもらいたい」と国のスポーツ政策に注文を付けました。
桑田さんは自らのSCのチェアリーディング・チームが前日29日、幕張での全国大会で優勝したことを報告。「スポーツは家族の中のコムユニケーションツール。勝ち負けではなく感動を共有することが出来る」と喜びながら、「SCではいろんな種目がある。スポーツごみ拾い、スポーツ鬼ごっこなどなど。子どもも大人も一緒になってごみ拾いを競ったり、鬼に追っかけまわされたり、その連盟だってある。とにかく、いろいろな種目のスポーツを皆で楽しんでいたら、そんな中でバレーボールやバスケットボールのオリンピック選手が出るかもしれない。渡辺さんらと大田区のスポーツ環境をつくる」と総合型地域SCのパワー、素晴らしさを訴えました。渡辺さんは「地域スポーツは新しいコミュニケーションの場。楽しい生活を送るための集まりだ。7月5日には“大田区スポーツ健康フェスタ”を開催する」とこちらもPRを忘れませんでした。
 昼下がりの約1時間半。お家を預かり、子育てをしながらバレーボールを楽しむ、お母さんたちは、ジーッと聞き入っていました。初めて耳にすることも多かったことでしょう。未熟な地域スポーツは6年後には、どの様に変わっているのでしょうか。
 「今日のことをお家に帰ったら家族に話してほしい」宮嶋さんのお願いでした。

 ◇参加チーム 大森同好会、雪谷小、KYN、IRIIU、大田ナイン、梅田、徳持、ZONE、クラッシュ、西六郷小(以上10)

▽主催 NPO法人バレーボール・モントリオール会
▽共催 東京都地域スポーツ連絡協議会
▽主管 大田区家庭婦人バレーボール連盟
▽協力 日本スポーツ振興センター、モルテン
                 



 
 
 
 
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved