「JA全農ミートフーズちびっ子バレーボール教室」
基本しっかり、みっちり3時間

     

2014年7月26日

モン・スポの年初の活動は「 JA全農ミートフーズ ちびっ子バレーボール 教室」。
7月26日(土)、今年も三郷市総合体育館で行われました。三郷市では 6年連続、千葉・大網白里市での開催を含めると7回目となります。この日もち びっ子バレーボーラー約 120名が元気いっぱい汗を流し、お母さんたち約 40名は熱心に子どもたちの食事について勉強しました。
バレーボールの実技指導は、興味津々でした。モントリオール五輪金メダリス ト、神白高子さん(モン・スポ理事)はお馴染みですが、ピカピカのVリーグ選手 4名を含む6名の男性指導者がそろいました。地域リーグからチャレンジリーグへ 昇格したばかりのアザレバレーボールアクラブ埼玉の皆さんです。埼玉県で男子 チームのVリーグ入りは初めて。そのお披露目もあってコーチにも力が入ります。
指揮を執るのはアザレアの創設者でもある萩原秀雄部長。全日本メンバーの 米山裕太(東レアローズ)らを育てた伯楽です。子どもたちにまず二つのことを 要求しました。あいさつに始まる規律と何事にも迅速な行動。床に座らせ心 構え、バレーボールの基本姿勢を話しながら突如直立させます。これを繰り返 すこと10回以上、30分超。これを準備運動変わりにして、パス練習に入りまし た。
コート3面をチーム単位ではなく6年生組、4-5年生組、1-3年生組とキャリア別 のコーチング。オーバーパス、アンダーパスに30分以上費やすほど徹底した基本 練習と相まって効果てきめんです。中でも1-3年生組では、ボールの大きさ、 重さに負けていた子が確実にキャッチできるまでになりました。
萩原部長は更に目で見て、耳で聞いて、頭で考えることを強調しました。 講師役の選手らが基本プレーの型を教え、模範プレー見せることで、まさに 理解度は倍以上になるのです。限られた時間の中で何もかもとは行きません。 ボールを打つことに興味を示す子どもたちにとって、スパイク練習はわずか でしたが、意義のある3時間でした。
体育館2階の会議室ではお母さんたちへの食育講座。講師は、いつもの阿部菜 奈子さん(管理栄養士)。より新鮮な情報を、と回を重ねるたびに、工夫を凝 らすそうです。今年は例年ない猛暑、食欲も鈍りがちです。プロジェクターを使 ったキメ細かい講義に、お母さんたちはメモを取っていました。

▽参加チーム
Ace Girls(松伏町=松伏第2小ほか)、越谷増林(越谷市=増林 小)、三郷V.Max(三郷市=早稲田小、彦糸小、中曽根小、栄小=吉川市=ほか)、三 郷V6(三郷市=前谷小、後谷小、高州小、彦成小ほか)、三郷エンジェルス(三郷市 =前谷小、吹上小、高州東小、中川小、早稲田小、鷹野小ほか)、松戸ミライズ男子、 松戸ミライズ女子(いずれも松戸市)、南桜井バレー(春日部市)、春日部SEABIRDS(春 日部市)、栄町少女バレー(吉川市=栄町小ほか)
▽主催 モン・スポ
▽共催 (公財)三郷市文化振興公社
▽後援 三郷市教育委員会、三郷市スポーツ少年団
▽協賛 JA全農ミートフーズ(株)、雪印メグミルク(株) ▽協力 (株)モルテン、三郷ママ、スポーツ少年団母集団
▽運営 モン・スポ、アザレアバレーボールクラブ埼玉
                 



 
 
 
 
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved