toto 助成2014年度バレーボール教室&シンポジウム
兵庫県南あわじ市でスタート

     

2014年11月2日

totoの助成を受けた「バレーボール教室&シンポジウム」(モン・スポ主催)は今年で5年目。通算13回目は平成26年11月2日、南あわじ市で同市体育協会の共催で開催しました。兵庫県にあって徳島県に近く、ビーチバレーの国内ツアーが初めて開くなど、バレーボールの盛んな地域です。この日の模様は翌3日、神戸新聞で報道され、14日には地元ケーブルテレビで1時間番組として南あわじ市を中心にに放映されました。

あわじっ子、オリンピックへの夢広げる

 声がよく出て、良く走る。あわじっ子は元気はつらつでした。市内の小学生を対象にしたバレーボール教室は、市立小学校体育館で11チーム、女子児童約120名が参加。金メダリスト・吉田(旧姓高柳)昌子さん(モン・スポ副代表理事)の実技指導で朝9時から午前中いっぱい行いました。冒頭、吉田さんはオリジナル・ビデオ「モントリオール五輪金メダルまでの足跡」(約6分)で、厳しい練習と決勝戦でソ連に圧勝したシーンを紹介、その時の金メダルを手に「これを取るために厳しい練習に耐えた」と振り返り、練習に入りました。サーブで始まる競技だから、先ずサーブ練習。「サーブは打つ方向につま先を向けて打つ」と教え、パス練習では「オーバーパスはおでこにボールが当たる落下点で構える」など判りやすい説明とスポーツ指導員の先生をモデルに模範プレーで、理解度アップを計っていました。途中からは補助員も総出でバックアップ。繋ぎのプレー、スパイク練習の後はミニゲームを楽しみ、あっと言う間の2時間半でした。
 160a近い長身者が目に付く、頼もしいちびっ子バレーボーラーたち。教室が終わるや否や本物の金メダルに群がり、触って感動し、金メダリストのサインを手にして、オリンピックへの夢を広げていました。

南あわじ市の2020年を考えてみよう

 シンポジウムは場所を三原市民センターに移し、午後1時から。コーデイネーターでテレビ朝日の宮嶋泰子アナウンサー(モン・スポ理事)の「2020年は二度目の東京五輪です。1964年は高度成長時代の中のオリンピックでした。2020年、どんなあわじ市にしたらよいかを皆さんと一緒に考えましょう」で始まりました。
 パネリストは奈良正博さん(59)=南あわじ市体育協会会長=、宮崎祐三さん(63)=同市バレーボール協会会長=、社家薫さん(55)=建築士、同市ペタンク協会会長=、山口宏枝さん(47)=主婦、地元三原高校の体育講師=にモン・スポ副代表理事の吉田昌子さんの5名。それぞれの経験から南あわじ市のこれからを語ります。
 いきなり宮崎さんの発言が物議をかもしました。「バレーボールでアキレスけんを切る人が増え、競技者が少なくなってきた。もう一度、多くの人がバレーボールをするよう南あわじにして、地域づくりにつなげたいと思う」。これには「びっくりです。ウオーミング不足もあるでしょうし、(アキレスけんは)切れる時は切れる。競技のせいではない」とトップアスリートの体験から吉田さんは断言しました。
 淡路島は鉄道が通っていないし、まさに車社会。日常、足を使うことが少ないことは確かです。それだけに健康づくりのためにも日ごろ体を動かすことが要求されます。奈良さんの「痩せるために卓球で汗をかいている。元気で長生きが目的で、健康な時にこそ健康を維持するために体を動かす。それだけではなく卓球を通して友だちとコミュニケーションも取れる」との発言を受け、宮嶋アナは「汗をかいて健康になるのは良いことだが、スポーツの良さは仲間が出来ることで、会社よりも人間関係は密になる。定年後のことを考えるとあらゆる面でスポーツは大切だ」とスポーツのもう一つの意義を訴えました。

スポーツへの関心高まる南あわじ市

確かに南あわじ市でもスポーツへの関心は高くなってきました。「かつては竣工式の後は3〜4時間飲むのが楽しみだった。もっともその頃は遊びが無かったが今は違う。いろんな遊びもあるし楽しめるものも出てきた。子どものクラブ活動へ親が関心を持ち、手伝ってくれるようになった」と社家さん。山口さんは「私が子どものころは、親はすべて監督任せだった。今では子供についていくのが楽しみになって、子供優先でチームのメンバーがそろわないこともある」とチームゲームでのいささかの弊害を口にしました。少子化によって子育ての余裕からか、親が子どもの面倒を見る傾向は都市部だけではないようです。
生活の中にスポーツは確実に入ってきています。体を動かす楽しみも判ってきています。しかし、小学校から大学まで部活でバレーボールを続けてきた山口さんは「私たちの世代は365日、今でも1か月間に1日、試験前の1週間くらいしか休みがない」と過酷な部活の現状をアピール。これはこの地域に限らず、日本では極めて当たり前な現象ですが、宮嶋アナが苦言を呈します。「欧米では四季によって違うスポーツをします。子どもたちを一つのスポーツに集中させるのは日本だけでしょう。いろんなスポーツをすることで応用がきくのだ」、さらに最近の調査で「女子中学生が1週間のうち体育の授業以外の運動で、1日に10分も体を動かさない者が3分の1もいる、というデータがある」と付け加えました。塾やゲームなど子どもを取り巻く環境がそうさせているのでしょうが、これこそ家庭、地域が一緒になって解決する課題です。
 宮崎さんは「今の子どもたちは情報量も多く、いろんなものに感心を持っている。私のスタンスは運動が好きになりましょう、という考えだ。具体的には日常的に運動と接する機会を増やしたい。また、お父さんお母さんが運動しておれば子どもも好きになるものだ」と言い、社家さんは「子どもを連れてスポーツ観戦や音楽鑑賞することが大事。トップの選手と接点を持つことも
良いと思う」と今回のバレーボール教室を例にあげます。「金メダルは重い、首のところは鎖になっていた、と子どもたちは言っていました。その場限りかもしれないが、少しでもその気になってくれればうれしいし、今回来た意味もあったと思う」と吉田さんは同調しました。
奈良さんが体協会長の立場から提言しました。「日ごろ運動していない人を対象にバレーボール、バスケットボール、ペタンク、卓球などいろんな競技を行って、その中から好きな競技に参加して遊ぶようにしたらと考えている。体験することでスポーツになじむきっかけになる。市民の協力を得て年に1、2回行いたいと思う」。

進む高齢化、元気で長生きのために

とは言え、この地もご多聞にもれず、若いものが留まらないから年寄りが増える、傾向です。
市民課の話では人口は49,925人(10月末現在)、「年々減る傾向は止まらない」そうで、勢い高齢化は避けられず、老人の健康こそ大きな宿題でもあるとみています。「老人会の存在は大きい。ペタンクの練習でもグラウンド整備をくれる」と社家さん。宮崎さんは「60歳を過ぎると体はポンコツ。下降線をゆるやかにすることが私の役割。農業も健康に役立つ」と自分の体は自分で守ると言います。「ピンピンコロリンは長野県で生まれた言葉ですが、寝たっきりで長く生きていていることより、健康寿命を長くすることが重要だ。そのためにはどうしたら良いか」宮嶋アナがパネリストにそれぞれの立場での考えを問いました。
 奈良さん「卓球のラージボール、バレーボールのソフトバレーなど年齢応じた競技、ルールを考えて、スポーツを通して健康を維持したい」
 社家さん「ルールは年齢によって変えればよい。動きの激しいスポーツでは特にそうだ」
 山口さん「ママさんバレーボールには60歳は寿、70歳以上はお福と高齢者の大会がある。ルールを変えてでもお互いが楽しめればよいと思う」
 吉田さん「バレーボールでコートに落ちても、ワンバウンドOK、5回で相手に返すルールもある。小学生や老人には喜ばれるはずだ」
 宮崎さん「スポーツは好きな時に出来るのが一番だが、世話をしたり、話をしたりするのが嫌だと敬遠する人が多いように思う。権利だけでなく義務もこなす考えを身に着けることが大事だ。高齢者になって長生きをするには何をするか、それをお互いに話し合うことが大切だ」
 奈良さん「地区で引っ張る人が必要で、そうでないと続かない」
 宮嶋アナが話を引き取り、「引っ張る人も必要だが、セカンドフォロアー、『付いて行こうよ』『やろうよ』と言う人がいて、初めて組織は力を増すそうだ。盛り上げていく人がいて初めて前へ進む。また世の中はパソコンなしでは進まない状況だが、パソコンは1体1の世界、人と人とが物事を共有することが出来にくくなくなっている。だからこそコミュニケーションを作り出すスポーツの役割は大きい。コミュニティーの活性化にスポーツは不可欠だ」と力説しました。

その後の「スポーツ21ひょうご」は?

兵庫県では2006年の国体開催を機に「スポーツ21ひょうご」を立ち上げ、総合型地域スポーツクラブづくりを始めました。南あわじ市には21のスポーツクラブがあるそうですが、「バラバラに組織が存在して横串が出来ていないようだ。来年、スポーツ庁を作ることが具体化している。縦割りの弊害をなくすことになればよいが、と願っているが、南あわじ市の仕組みは?」宮嶋アナの問いに、奈良さんは「各クラブ、温度差があって…。どうしたらよいか、皆さんと一緒に考えたい」と口を濁しました。
しかし、明るい話もあります。玉ねぎ畑、レタス畑が広がる三原平野の小高い山の中に吉備国際大学地域創成農学部が新設されて2年半。若者へまた一つ夢が広がりました。グラウンド、体育館などスポーツ施設も整っています。「大学も組織もそこにあるものを利用する。何かアイデアがあったら奈良産の所へ駈け込んでください」と言って宮嶋アナは2時間の討論を結びました。

玉ねぎに次ぐ花、“スポーツで繋ぐ元気な地域”

熱心に聞き入った約40名のお父さん、お母さん。南あわじ市の2020年の遺産を何にしたら良いのか、見つけてくれましたか。それは、スポーツ通してそれぞれのコミュニティーを活性化させると同時にこれを横串で繋げることを成し遂げることではないでしょうか。そのためには行政も巻き込んで市民一体の活動が求められます。あと6年、玉ねぎ畑にもう一つでっかい花を咲かせようではありませんか。

奥本浩平


<お礼>南あわじ市の体育協会、バレーボール協会を始め関係者の皆様には大変お世話になりました。多くの方々の優しさと温かさに触れ、感動と感謝でいっぱいです。取り分け、突然の申し入れを快諾していただき、最初から最後まで面倒を見ていただきました冷水修、紀子ご夫妻には心より「ありがとうございました」。


◇南あわじ市モン・スポ「バレーボール教室&シンポジウム」◇
▽主催 NPO法人バレーボール・モントリオール会(モン・スポ)
▽共催 南あわじ市体育協会
 ▽主管 南あわじ市バレーボール協会
 ▽後援 南あわじ市教育委員会、神戸新聞社
 ▽協賛 ミカサ
 ▽協力 日本スポーツ振興センター
 ▽バレーボール教室参加チーム 榎列(えなみ)、市(いち)、辰美(たつみ)、北阿万(きたあま)、松帆(まつほ)、神代(じんだい)、賀集(がしゅう)、湊(みなと)、阿万(あま)、倭文(しとおり)

             



 
南あわじ市広報紙12月号から
 
撮影:冷水修
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved