6年目「一流に学ぼう バレーボール教室」
館山市のちびっ子、元気に熱心に

     

2014年11月6日

館山市恒例の「一流選手に学ぼう バレーボール教室」(主催・館山市教育委員会、主管・モン・スポ)が11月9日(日)の午前中、館山市営市民体育館で行われ、小学生男女約40名が参加、本会の田村悦智子代表理事、吉田昌子副代表理事(ともにモントリオール五輪金メダリスト)が約2時間半、指導しました。
 館山市在住で館山スポーツ大使でもある田村代表理事が音頭とって今年で6回目。バレーボールの基本を教えながらスポーツの楽しさを伝えています。中でも、市立第2中学校女子バレーボール部員13名が補助員としてサポート。子どもたちはお姉さんたちの手助けに感謝しながらボールを追いかけていました。
背の高い者が有利なバレーボール競技。ちびっ子の疑問は、身長の高い低い及びます。「私たちは体の小さいチームですが、これでも勝てますか」率直な質問に2人は明快に答えました。「相手の体が大きくても、同じ人間がやっていると思って、小さくても諦めないこと、勝てないと諦めないこと。大きい人が6やるなら、小さい人は10の力を出して練習し、努力しよう」。子どもたちは「背が低くても、大きい人より努力することが大切だということがわかりました」とうなずいていました。

▽参加チーム 館山エンジェルス、館山ジュニア、館山スターズ。
       以上は館山市教育委員会スポーツ課、伊藤徳一郎主事のリポートから。              



 
地元紙「房日新聞」
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved