toto助成「バレーボール教室&シンポジウム」IN南千住
知らないことばかりの障がい者スポーツ

     

2015年2月15日

2014年度toto助成「バレーボール教室&シンポジウム」(主催モン・スポ)の第2回目は平成27年2月15日、東京・南千住の荒川区立汐入小学校で行われました。この事業が始まって迎えた14回目、「目を覚まして世間を見ろ!」と一喝された思い。それほど衝撃のシンポジウムでした。

スクリーンには日の丸を付けて走る障がい者の雄姿が映し出されています。2013年ブルガリアの首都ソフィアで開催されたデフリンピック(聴覚障がい者の大会)のビデオです。「障がい者スポーツを知ってもらおう!」午後2時、汐入小学校の教室に約50名の父母を集めて始まりました。講師(モデラー)は松澤淳子さん(早大スポーツビジネス研究所)、パネリストは高田裕士さん(デフリンピック陸上競技日本代表)、高田千秋さん(パラリンピック陸上競技日本代表、裕士さんの妻)、狩野美雪さん(デフバレーボール女子日本代表監督、08年北京五輪女子バレーボール日本代表)、高良美樹さん(デフリンバレーボール女子日本代表主将)、三浦早苗(同副主将)、車いすの佐藤駿さん(パラリンピック競技ポッチャの選手)、これに白井貴子さん(現姓高木=モン・スポ理事)、横山樹理さん(現姓西川=モン・スポ理事)の76年モントリオール五輪女子バレーボール金メダリストが加わり、いつもと趣の異なる賑やかな公開討論会となりました。

聴覚障がい者によるデフバレーボール

午前中のバレーボール教室でお手伝いをしてくれたこともあって、話はデフバレーボール(別項参照)から始まりました。国際オリンピック委員会(IOC)が承認している大会は、オリンピック、パラリンピック(障がい者)、デフリンピック(聴覚障がい者)、スペシャルオリンピック(知的障がい者)の4つ。健常者で08年北京オリンピック代表でもあった狩野監督は戸惑いばかりでした。コートの広さ、ボールの大きさ、ルールもほぼ同じですが、コミュニケーションの難しさに今もって勉強中と言います。この日も手話通訳の阿曽三知子さんがつきっきりで選手に細大漏らさず伝えていました。

 競技としてはヨーロッパが中心でアジアでは3か国。日本が一番強く、2013年デフリンピック大会では優勝ウクライナ、準優勝日本、3位ロシア、4位米国。ウクライナやロシアではプロ化しているそうですが、日本では聾学校関係の先生が監督を務めていたこともあって、世界と差が付くばかりでした。強化のために健常者のトッププレーヤーを迎える方針を決め、狩野監督は2代目で2011年11月から指導。技術面でも指導方法でもレベルアップして、銀メダルを取るまでになったのです。日本代表と言っても、選手は全国に散らばり、高校生から社会人まで。三浦さんは東京、高良さんは沖縄で会社に勤めながら退社後、高校生や聴覚障がい者らと練習していますが、日本代表となると時間とお金の問題もあって合同練習は月に1,2回。「(チームプレーだけに)これではまとまりにくい」(狩野監督)。銀メダルを取ったことに加え、2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催が決まったことで「評価上がり自己負担は少なくなった」と狩野さんは言いますが、まだまだ存在感は薄いのです。一般財団法人日本デフバレーボール協会(東京・大田区)の大川裕二理事長は「日本バレーボール協会にごあいさつに行きましたが…」と言葉を濁しました。親身には聞いてもらえなかったようです。

聴覚障がい者はパラリンピックに出られない

同じ聴覚障がい者で陸上競技(400b、400b障害専門)の高田裕士さんは、大学生の時初めて聴覚障がい者だけの大会があることを知ったそうです。2012年トロントでの聾唖者陸上競技選手権大会では4×400bリレーで銅メダルを獲得。デフの日本代表としては初のプロ選手ということで、練習、競技を最優先にして雇用契約を結んでいます。2017年第23回デフリンピックでは金メダルを目指すときっぱり。「聴覚障がい者は、他の障がい者に比べて身体能力が高いためパラリンピックに参加できません。そのため聴覚障がい者のための大会デフリンピックがあります。パラと違うのは、デフは聾唖者が運営する大会です」と教えられました。

これはすごい!全盲の千明さん100b13秒9

奥さんの千明さんは視覚障がい者で走り幅跳びと短距離走の専門。2011年には世界大会の短距離走で全盲日本人女性初のメダリストとなり、出産後も走り幅跳びなどで世界大会に出場、2014年アジア・パラリンピック大会の走り幅跳びで銀メダルを獲得するなどママさんトップアスリートとして活躍しています。ちなみに視覚障がい者の100b世界記録は12秒0。千明さんのベスト記録は100b13秒94、走り幅跳び4b14(いずれも日本歴代2位)。伴走者と一緒に走り、晴眼者の声の誘導で跳ぶのですが、「すごい」の一言。「視力障害にはランクがるので、競技では条件を同じにするため前が全く見えないサングラスを掛けで行います」とまた一つ学びました。
車いすの佐藤駿さんはポッチャ競技(別項参照)の選手。地元南千住のクラブ「Noble Wings」に所属。体育館や学校の廊下で練習をする一方、スポーツクラブの子どもたちにもコーチしているそうです。障害の重度で4クラスに分かれ、最も重度の高いクラスではアシスタントが付いてプレーするそうです。「イギリスでは職業としてポッチャをプレーしている人もいる」そうです。

「現状を知ってほしい」障がい者の願い

驚きというより、初めて知ることのばかりに、集まった父母もため息とうなずきの連続。白井、横山の金メダリストもこの日ばかりは言葉少なでした。その障がい者スポーツをどれほどの市民が、国民が関心を持っているのでしょうか。2020年まであと5年、アスリートたちは訴えたいことが山ほどあるはず。練習環境、遠征費などお金の問題はどの競技にも付きまとっていますが、お金の前に現状を知ってほしいと口を揃えます。「2020年へ向けて、少しずつ変わってきているが、身障者に気付いた時には声を掛けてほしい」と千明さん。駿さんも「海外では身障者とコミュケーションをしようと努力してくれるが、日本ではよそよそしいところがまだまだある。障がい者と向き合う気持ちがほしい。そして、いろんな競技がありますが、とにかく知ってほしい。体験してもらいたい」、けなげな言葉に応えたい思いが募ります。「競技人口が少ないので人材発掘に手を貸してほしい」と狩野監督が言えば、美樹さんは「バレーボールを通して聴覚障がい者のことを一人でも多くの人に知ってもらえるよう広めて行きたい」と前向きです。

2020年東京五輪・パラリンピックのレガシーは
「障がい者と健常者が尊重し合う社会」

東京23区中で障がい者スポーツに最も理解と関心の高いのが荒川区。2020年には世界で初めて、オリンピック、パラリンピック、デフリンピック、スペシャルオリンピックの4大会を開催したいと言う大きな夢を持っています。そのためにも「2016年春には障がい者スポーツフェスティバルを開き、障がい者アスリートのプレーを見てもらうと同時に、協議を体験してもらいます」と地域文化スポーツ部長の池田洋子さんは意気込んでいます。
この日のアスリートたちも2020年へ思いを馳せています。2012年のロンドンではパラリンピックの会場はオリンピックに負けないほど満員だったそうですが、「(2020年の)日本ではそこまでは無理だろうが、国民全体で盛り上がる雰囲気を作ってもらいたい。(健常者と障がい者が)お互いを尊重し合う社会、2020年の後はそんな社会になってほしい」佐藤駿さんの願いは、会場全体の思いでもあり願いでもありました。これが叶ったなら、1964年以上のレガシーが生まれることを願うばかりです。

上手くなるには日常生活の“シツケ”から

これより先、午前中は同小学校の体育館でバレーボール教室を開きました。当初予定していた金メダリストの矢野廣美さん(現姓池田)が、お母さんが緊急入院となったため、白井さんが”ピンチヒッター“で横山さんと二人で実技指導。デフバレーボール女子日本代表の狩野監督、高良、三浦の両選手が手話通訳を受けながら手助けしてくれました。
早朝の寒い体育館。小学生約70名、ママさん約20名がごっちゃ混ぜになって6組に分かれ、ボールをドリブルしたり、走るなどして体を温めました。その間約30分。白井さんのリードで、オーバーパス、アンダーパス、レシーブ、サーブとサーブレシーブの基本プレーをじっくり教えました。中でも口酸っぱく言い続けたのが、返事と声です。「えーッ」「いやーッ」は禁句、何事も前向きに大きな声を出すことです。さらに素早い動作で行動することも要求しました。これは、バレーボールに限らず、学校はじめ日常生活でも決して忘れてはいけないこと。得てして家庭や学校で見過ごされていることを、白井さんは徹底して注意していました。

往年の名選手、がんさんは元気いっぱい

両膝をまげて腰を落とした構えは、バレーボールでは基本中の基本です。しかし、トイレが様式になった今、和式の頃と違って足腰が弱い子どもたちは、なかなか型になりません。座ったり立ったり何度も理想型をつくらせていましたが、お手伝いの指導者もその練習の方法を学んだことでしょう。締めは小学生組、ママさん組に分かれてのミニゲーム。約3時間の教室でしたが、コートの後ろで横山さんが、パスもおぼつかない小学生をマンツーマンで教える姿が微笑ましく、印象に残りました。嬉しいこともありました。元ヤシカの岩原豊子さん(ミュンヘン五輪女子バレーボール銀メダリスト)がひょこり。かつての仲間に一目会いたいと言うことで顔を見せてくれました。椅子に腰かけて見学していましたが、そこはそれ。コート脱いで子どもたちをコーチしていました。「がんさん、ありがとうございました」。

南千住スポーツクラブの「おもてなし」

忘れてはいけないのが南千住スポーツクラブ恒例の前夜祭と言う名の懇親会。14日夜、大人から赤ん坊まで約20名、団地の一角で午後7時過ぎから10時近くまで、お酒も入って歓談しました。これこそ、南千住SCの「おもてなし」です。

◇バレーボール教室
▽参加チーム 南千住スポーツクラブ、若葉ビクトリー、スマイルスターズ(男子)、瑞光バレーボールクラブ、西日暮里ジュニア
▽個人参加 汐入小、汐入東小
▽ママさん 南千住スポーツクラブ

◇バレーボール教室&シンポジウムIN南千住◇
▽主催 NPO法人バレーボール・モントリオール会
▽主管 NPO法人南千住スポーツクラブ
▽後援 荒川区、荒川区教育委員会、荒川区バレーボール協会

[参考]
▽デフバレーボール 聴覚障がい者によるバレーボール競技。インドア(6人制)とビーチ(2人制)が行われ、コートの広さ、ボールの大きさ、ネットの高さを始め、健常者の競技ルールと大きな差異はない。日本国内では一般社団法人日本デフバレーボール協会が統括団体として運営。おもな大会は2001年からデフカップ、2008年からビーチデフカップがある。日本女子代表の初代監督は今井起之さん(元東京ヴェルディ)、2011年7月に急逝されたため、男女の違いはあれ、同じ東京学芸大バレーボール部の先輩でもあり、親交のあった狩野さんが急きょ引き受けることになった。男子代表の監督は鹿谷明生さんで佛教大学男子バレーボール部のほか企業、クラブでコーチ、監督を務めた経歴を持つ。

▽ポッチャ 古代ギリシャの玉投げ。6世紀のイタリアで現在の原型が生まれた。重度脳性麻痺者または同程度の四肢重度機能障がい者のために考案されたスポーツでパラリンピックの正式競技。シャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに、赤・青の各6球ずつのカラーボールを投げたり、転がしたり、他のボールに当てたりして、いかに近づけるかを競う。障害によってボールを投げることが出来なくても、勾配具(ランプス)を使い、自分の意思を介助者に伝えることが出来れば参加できる。競技は男女区別なく、障害の十℃によってクラスに分けられ、個人戦と団体戦(2対2のペア戦、3対3のチーム戦)がある。ボールは皮革製または合皮製で周長270±8mm、重さ275±12g。シャックボール(目標球)1個、カラーボール赤6個、青6個で1セット。コートの広さはバドミントンと同程度。


                 



 
    熱心に聞き入る(左から)モデラーの松澤淳子さん、西川樹理、
    高木貴子両金メダリスト

 障がい者スポーツの実態話す(左から)佐藤駿さん、高田千明さん、
 狩野美雪監督、高良美樹さん、三浦早苗さん、高田裕士さん

 
 
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved