神白理事の凱旋指導に小中学生100名
=3・29 愛知・武豊町=
「バレーボール教室&シンポジウム」

     

2015年3月29日

伊勢湾と三河湾に挟まれて突き出た糸瓜のような半島、知多半島。武豊町は三河湾沿い位置する「浦島太郎伝説の町」です。
「浦島」「竜宮」「乙姫橋」などの地名が残る人口4万3千人。町内には大手企業の工場や事務所を抱える豊かな街でもあります。
 平成26年度最終3回目の「バレーボール教室&シンポジウム」が開催された武豊町総合体育館は、のどかな田園の中に存在感を誇示していました。3月29日午前9時、中学生を中心に約100名が参加してバレーボール教室は始まりました。
実技指導は地元愛知県出身の神白高子さん(旧姓飯田)、この町は出生地(弥富市)とは遠く離れていても、“女子バレーボール金メダリスト飯田高子”は著名です。72年ミュンヘン五輪の銀メダル、76年モントリオール五輪の金メダルが展示されたアリーナ。神白さんは、いつもの子どもを諭すような口調で始めました。ボールを使ってドリブル、寝っ転がってパス等、ボールと一緒に体を動かすトレーニングで体をほぐします。3時間足らずでは、何もかもできません。パス、レシーブ、スパイクなど基礎プレーを反復練習しました。短い時間の中で子どもたちが得たものもそうですが、この日お手伝いをしてくれた先生らが日常の指導に活かしてくれることの方がもっと大事なのです。
 宮嶋泰子アナからフェアプレーの大切さを教えられ、日本体育協会のフェアプレー宣言にサインした子どもたち。金、銀のオリンピックメダルを手にしながら「重い!」を連発していました。
 ▽参加校 武豊中学校、富貴中学校、半田中学校、武豊小学校、衣浦小学校、緑丘小学校、富貴小学校、常滑東小学校

2020年を機に愛知県は、武豊町は、何を

 シンポジウムは館内の視聴覚室。「2020年東京五輪を機に武豊町は何をしたらよいか」をテーマに、宮嶋アナがコーディネーターを務め、5名のパネリストがそれぞれの考えを話しました。愛知県と言えば、トヨタを核にスポーツ界も大きなすそ野を広げています。オリンピック選手多数排出、日本のスポーツ界を支える地域でもあります。
 宮嶋アナは、愛知のスポーツ事情から掘り起こしていきました。
 「県としては2020年へ向けて今年度からスポーツの環境づくりを始めた。手始めに障害者スポーツについて、スポーツ課が担っていくことになった」と県教育委員会スポーツ課スポーツグループ主任主査の久保田昌俊さん。
 今秋10月にはスポーツ庁が立ち上がります。スポーツを核にしてあらゆる省が手を繋ぎます。国としても、これまで厚労省が担当してきた障害者スポーツも、スポーツのカテゴリーの中で運営されていきます。
 地域のスポーツを支えているのはスポーツクラブ(SC)。企業スポーツはトップグループの愛知県にあって、SCの存在感は?
 SCあいちネットワークあいち会長の簗瀬歩さん(愛知産業大准教授)は、今はデリケートな時期にあると前置きして「(愛知県には)131のSCがあるが、総合型地域SCは28だけ。横の連携も取れていないし、総合型のコンセプトが理解されているクラブが少ない。クラブを立ち上げたが、内容が活性化されていない」それだけに2020年を機にSCのあり方を方向づけたいとも言います。
 武豊町では…、小中学生ら子どもたちとスポーツは…。中学校教師時代陸上競技部を指導し、武豊町総合体育館に勤務する土井香代さん(武豊町教育委員会主事)は、指導者不足を指摘。町内には2つの中学校があり、非行防止から放課後の部活は義務づけられています。運動部も多いが、専門の部活を持てる先生は少なく「町から外部指導員を2校に5名ずつ10名配置している」とのことです。「体育館の利用率も高く、平日でも駐車場は満杯。6割近くが小学生、もちろん一般の人も積極的之活用している」そうで、この日も、朝9時にはトレーニングルームはにぎわっていました。
 教員の部活指導については世間的にも広く話題になっています。部活の指導は拒否できる、時間外報酬を出せ等々。宮嶋アナはお隣半田市の例を引き合いに出しました。「NPO法人ソシオ成岩スポーツクラブ」(1996年設立)、中学校の部活を地域の皆で指導しよう、と立ち上げた総合型地域SC。地域で部活を見ることによって子どもたちの名前と顔が一致し、非行防止にも役立っているそうですが…。

“ゆめフル”は街のシンボル

 NPO法人ゆめフルたけとよスポーツクラブは武豊町のスポーツ・シンボル。鳥本靖之事務局長兼クラブマネジャーにも主張があります。「SCには地域性がある。この町の中学校の部活はしっかりしている。私たちは小学生を対象にして立ち上げた。多種目、多世代をモットーに、クラブの将来を考え、小学生以下、高齢者、マタニティーなど幅を広げることで生き延びて行こうと考えている」。宮嶋アナによると、フランスでは妊婦を対象に考え、そこから生涯スポーツのサイクルが出来たそうです。
 在住の草加市を中心に活動を続ける神白高子さんは、ゆめフルたけとよSCの活動に感心します。「今回参加してみて、健康で熱心な旗振りの方がたくさんいて、地域が元気に動いている。すばらしい」。東京などではコミュニティーをつくろうという環境(人も含めて)がないように思います。宮嶋アナは旗振りも大事だが、次の人がもっと大事だと言います。「鳥本マネジャや―の下には2人目、3人目がおり、だからクラブが成功している」が、部活指導の人材不足は中学校の部活でとりわけ深刻です。これをカバーする手立てはないのでしょうか。

総合型地域SCと学校の連携

 久保田さんは「中学校だけでなく、県立高校でも部活の顧問に苦労している。外部指導といっても予算の都合もある」、その外部指導者制度をより有効にするためには「総合型地域SCの指導者を活用してほしい」と鳥本さんは手を挙げます。簗瀬さんも「総合型地域SCと部活が連携している所は全国にはたくさんある」と後押しします。熱心に聞き入っていたお母さんも賛同。「(子供は)部活に強制的に入っているが、総合型SCと一緒になることで楽しくプレーできるでしょう」とは言え、学校とSCの垣根は決して低くありません。学校の、行政の、総合型地域SCへの認識が問われるところでもあります。
 簗瀬さんは強制的な部活の問題点を指摘。「(地域の)中学校は小さいので部活の競技数も4つと少ない。全員入部といっても競技種目が少ないとかわいそうだ。その点、SCは柔軟にコーディネート出来る。非行防止で全員部活制を採用したが、問題もある」と言います。確かにミスマッチは、逆効果を生むことにもなりかねません。
そこでスポーツとは何か、宮嶋アナは「誰もが競技者になれるわけではないが、スポーツは素敵な人間関係をつくり、アクティブに生きることが出来る。またコミュニケーション能力を高めることが出来る。抑止力としてのスポーツではなく前向きに考えてほしい」と提言しました。勝ち負けも大事ですが、人間をつくることの方がもっと大事です。その意味では、先生と部員と言う関係の部活より、いろいろな目が見つめる総合型SCの方が、より有効ではないでしょうか。鳥本さんは「総合型SCはトップアスリートを出すための組織ではない。地域の人達に支えられて楽しくスポーツをするところだ」と当然の自己主張に、土井さんは「(中学校の)外部指導者に“ゆめフルたけとよ”のメンバーがジュニアバレーボールを指導してくれ、良いつながりが出来ている。技術だけでなく、規律まで指導してくれるので、参加者も増えている」ともろ手を挙げます。スポーツクラブと学校のコラボレーションが一層進むことを願わずにはおれません。

生涯スポーツの環境づくりを

2020年東京パラ・オリンピックへ向け、地域は何をしたらよいのでしょうか。神白さん、浅田真央さん、室伏幸治さんら愛知県は多くの五輪選手を輩出しました。これからもトップアスリートを送り出しでほしいですが、県民の99.9lがよりアクティブな生活が出来る環境づくりが必要ではないでしょうか。
ママさんバレーボールを指導する神白さんは、ママさんたちの健康意識は高いと言います。「練習は1週間に1回だが、自分の体は自分で守るという意識でいる。84歳のプレーヤーもいるが、バレーボールを生きがいとして、自分で環境をつくる努力をしている」と生涯スポーツとしてのバレーボール環境を強調していました。
愛知県は? 「いきいきあいち スポーツプラン~豊かなスポーツライフの創造〜」を既に策定。2022年度までに県民一人一人がそれぞれの立場でスポーツに参加できるよう環境整備。総合型地域スポーツSCと企業、大学等が連携して地域スポーツの普及・発展を推進する取り組みが前進しているとして、これをさらに進めて生涯スポーツ者の実現を目指すとしています。久保田さんは参考資料を基に説明しましたが、出席者の多くは、このことを知りませんでした。
2020年を機に、スポーツの目的を知ることも大切です。「衣食住で生活はできるが、豊かさはスポーツや芸術によってつくられる」宮嶋アナは、体を動かすこと、スポーツを楽しむことを呼びかけます。久保田さんは「(競技はテレビで見る人が多いが)自然に身体を動かす人が増え、何らかのスポーツを体験しほしい」と言い、簗瀬さんは「(私たちSCが)スポーツを支えるという役割がメジャーになった。(2020年は)そんな人たちを束ねて東京に乗り込みたい」と現場でボランティア活動を今から意識していました。「現状は恵まれているが、先の事は…」どこまでも慎重な鳥本さんだが、“ゆめフル”の5年先を見据えているに違いありません。
パラリンピックと言う言葉が、これまでになく目にし、聞こえます。障害者のスポーツ環境だけでなく、障害者の生活環境もバリアフリー化していきます。「スポーツを共通項にして、理解し合い、助け合う、より成熟した社会になるとよいですね」宮嶋アナの願う2020年東京五輪・パラリンピックのレガシーは、この日参加者の思いでもありました。
2時間のシンポジウムを最前列で熱しに聞いていた籾山芳輝町長。「武豊町は2020年へ向けて年間利用できる温水プールを建設します。体育施設の充実になります。(町民に皆さんが)アクティブな人生を送れるよう、この日のいろいろなご意見を行政に活かしたい」と結びました。

▽主催 モン・スポ(NPO法人バレーボール・モントリオール会)
▽共催 NPO法人ゆめフルたけとよスポーツクラブ
▽後援 武豊町・武豊町教育委員会・武豊町体育協会・中日新聞社・知多半島ケーブルネットワーク株式会社
▽協力 日本スポーツ振興センター


                 



 
 

 

 
 
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved