冷房の体育館は別天地、元気はつらつ115名
JA全農ミートフーズちびっ子バレーボール教室

     

2015年7月25日

記録的な猛暑もここは別天地。7月25日、埼玉・三郷市総合体育館、冷房の効いた館内では今年もちびっ子バレーボーラーの元気な声が響きました。JA全農ミートフーズちびっ子バレーボール教室には今年も三郷市近隣から11チーム、小学校1年生から6年生までの男女115名が参加。モントリオール五輪金メダリストの神白(旧姓飯田)高子さん、Vチャレンジチーム「埼玉アザレア」の選手たちから熱のこもった指導を受けました。同時に開催された食育講座では約40名のお母さんたちが阿部菜奈子栄養管理師のお話にメモ取りながら聞き入っていました。

この催しは三郷市では夏休み最初のビッグイベント。木津雅晟市長、榎本幹雄教育長ら市のスタッフも顔をそろえ、体育館職員、家庭婦人バレーボールチーム「三郷ママ」、市のスポーツ少年団が運営に当たります。JA全農ミートフーズ(株)様の協賛で始まって8年目ですが、三郷市では6年連続7回目です。市スポーツ少年団の山口恵太郎団長の話では、参加希望チームが多く10チームに絞るのに苦労している、とのことです。お土産いっぱいもさることながら、指導内容の濃さが最大の魅力です。

アザレアのコーチングは昨年に続いて2回目ですが、萩原秀雄部長のプレー以前の心構えの徹底指導は必見です。あいさつに始まる規律と俊敏な動作から入ります。両足を開き腰を落とした基本姿勢を教えながら、コートに素早く座ったり立ったり。ダッシュして壁板にタッチして戻る。これを実に40分。見学していた木津市長、「規律と敏捷性、これを教えることが大事だよね」としきりに感心していました。ボールを頭で突く練習、腰をひねってボールを叩く練習等、指導する側に回った選手たちも熱くなって予定を大きく超えて終わったのは午後1時前。やきもきしていた付添いの先生たちでしたが、十分過ぎるほど参考になったことでしょう。

▽参加チーム
Team LEGO、上小岩ジュニア(以上東京・江戸川区)、三郷V.Max(三郷市=早稲田小、彦糸小、彦郷小、中曽根小ほか)、三郷V6(三郷市=前谷小、戸ヶ崎小、中川小)、三郷エンジェルス(三郷市=新谷小、吹上小、高州東小、中川小、早稲田小、鷹野小ほか)、松戸ミライズ男女2チーム(千葉・松戸市)、南桜井バレー、春日部SEABIRDS(以上春日部市)、栄町少女バレー(吉川市=栄小ほか)、鳩ヶ谷マルガリータ(鳩ケ谷市)

▽主催 モン・スポ(NPO法人バレーボール・モントリオール会)
▽共催 (公財)三郷市文化振興公社
▽後援 三郷市教育委員会、三郷市スポーツ少年団
▽協賛 JA全農ミートフーズ梶A雪印メグミルク
▽協力 潟c泣eン、三郷ママ、スポーツ少年団母集団
▽運営 モン・スポ、(公財)三郷市文化振興公社


                 



 
 

 

 
 
 
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved