NPO法人つけちSC設立10年記念式典に花添えた
「バレーボール教室&シンポジウム」

     

2015年11月22日

そこはJR中央本線・中津川駅から北へ車で約40分、川を挟んで谷合にありました。付知町、人口6000人弱の林業や農業で生計を立てる、のどかな集落が…。ここに岐阜県内65の総合型地域スポーツクラブ(SC)で唯一の認定NPO法人、つけちスポーツクラブはありました。11月22日は、つけちSCの設立10周年を祝うメモリアルデー。その記念イベントの一つに2015年度最初の「バレーボール教室&シンポジウム」(toto助成事業)が組み込まれまたのです。

息ピタリ田中、櫻井ふたりのオリンピアン

 教室には界隈の5中学校の女子バレーボール部から1、2年生64名が参加。モントリオール五輪金メダリスとの田中(旧姓金坂)克子さんと北京五輪代表の櫻井由香さんが実技指導に当りました。底冷えの付知中学校体育館、お母さんたち約20名が見守る中、午前9時半にスタート。セッターの田中さん、リベロの櫻井さん、二人の信念は基本中の基本、パスの大切さです。足腰を使ってボールをコントロールすることをしっかり、たっぷり教えます。金坂さんは「自分は何をしたいのか。そのためにはどうしたら良いのか。常に考えながらプレーする」ことを何度も口に。櫻井さんはプレーして下半身の使い方を見せながら「練習の積み重ねで体が覚える」と言えば、子どもたちも頷いていました。  事前にサーブとサーブレシーブについて教えてほしいとの要望がありました。サーブレシーブでは「1、2、3のリズムでレシーブする」と守備専門だった櫻井さん。2でボールの方向を見定め、素早く動いて3でレシーブ体勢に入ると説きます。サーブでは手首の使い方でボールが伸びたり、落ちたりすることをプレーして見せた後、「練習すればするほど上手くなる。遊び心で練習することも大事だ」と強調しました。  伸び盛りの1、2年生。初対面とは思えないほど息の合った指導のオリンピアン二人は、 「素直な子どもたちで、成長が楽しみです」と口をそろえていました。  終了後、子どもたちは金メダルに触れ、金坂さんと記念写真。地元岐阜県(海津市)が生んだオリンピック選手、櫻井さんを囲んでポーズをとっていました。あっと言う間の2時間半でした。  ▽参加校 付知中9、加子母中10、坂下中10、中津川中15、恵那東中20の計64名。

(写真提供・NPO法人つけちSC )

 
 

 

 

 

地方に遠い? 2020年東京オリ・パラ

体育館とは川を挟んで向かいのアートピア付知交芸プラザでシンポジウムは開かれました。午後1時から、「東京オリンピックと地域スポーツの関わり」がテーマ。宮嶋泰子さん(テレビ朝日スポーツコメンテーター)のプロデュースで、小倉弐郎さん(総合型地域SC全国協議会元幹事長)、三浦八郎さん(NPO法人つけちSCマネジャー)に先述の田中、櫻井の二人を加えた4名が、パネリストとして意見を述べました。  つけちSCは中学校の部活動をバックアップすることを主目的に設立した経緯もあってSCメンバーの中学生や父母ら約150名が熱心に耳を傾け、時に宮嶋さんの問いに答えていました。  2020年へ向けて何を望むか、宮嶋さんはそれぞれの立場からの考えを聞きました。「前回(1964年)の東京五輪の時は小学生で興味はなった。女子バレーボールが金メダルを取ったことを知ったが、まさか自分がモントリオールで優勝するとは夢にも思はなかった」田中さんが、代表目指す選手たちに「体力を付け欲しい」と言えば、櫻井さんも全く同感。小倉さんは「(岐阜県内)SCの中にいる多くの14、15歳に(五輪代表になることを)期待する」と言えば、三浦さんは「つけちから(五輪代表が)出てくれたらと思うが、(それ以前に)スポーツを楽しむきっかけにしてほしい」と控えめでした。  長い間、スポーツとかかわっている4名。宮嶋さんに「2020年をスプリングボードにSCや地域はどのように変わってほしいと願いますか」と問われ、三浦さんは「オリンピックを見て、あんなスポーツをやってみたいと思ってくれると嬉しいし、とにかくスポーツを通して体力を作り、友だちを作ってくれればと思う」。小倉さんは「スポーツへの機運は高揚するだろうし、地域住民の(スポーツへの)理解が深まれば…」。どちらも東京から遠く離れた地方に居て思う“2020年”を痛いほど感じました。

櫻井さん、5年後ボクシング代表?

する(選手)、見る(観客)、支える(応援)−どの位置で2020年に関わっていくか。「選手で出たい。北京大会に出て地域(岐阜)の人に喜んでもらったが、日本全体ではまだまだ」と櫻井さん。闘志満々に「5年頑張って出られる競技は、ボクシング」と仰天発言しましたが、地方の現実は違っていました。三浦さんは「(東京五輪は)遠いと言う感覚はある。しかし今回、トップアスリート(田中、櫻井)に来てもらったことで、オリンピックとの関わりをつくるきっかけにしたい」一地方にとっては、オリンピックは目標ではなく、地域のスポーツを盛んにするきっかけであってほしいと言う思いが滲んでいました。

 開催都市・東京から遠く離れている地方でオリンピックを肌で感じられるのは、代表選手を送り出すことと参加国やトップアスリートの合宿地になること。「岐阜県では下呂、高山に立派なスポーツ施設があり、御嶽山にも陸上競技のトラックなどがあるので手を挙げるでしょう」と三浦さん。地方を回ってバレーボールの指導をしている櫻井さんは「埼玉の深谷市は立候補すると言っていた」。地方自治体のキャンプ地争奪戦はこれからが本番です。

五輪17大会取材の宮嶋アナの提言

夏冬合わせて17大会のオリンピック取材歴を持つ宮嶋さんは、「スポーツ競技のメダル争いだけがオリンピックではない」と言います。国民的ムーブメントにするために多様性を提言。その一つとして「(競技の)金メダル争いだけでなく、国民のスポーツ実施率を争ってメダルを与えたらどうでしょうか」自身、2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会のメディア委員でもあり、組織委員会で提起したそうですが、「相手にされなかった」とか。その一方、日本人女性がIOC(国際オリンピック委員会)に提案して賞をもらったと言う話もあります。それこそ2020年を機に全国3500の総合型地域SCが中心になって都道府県のスポーツ実施率を競う案もありますが、小倉さんは「後5年でやれるかどうか。私は後押ししますよ」とまんざらでもありませんでした。

 「文化プログラム」宮嶋さんの発言に、会場のほとんどは「何? オリンピックと関係あるの?」といぶかしがりました。オリンピックは万国博覧会の添え物(スポーツイベント)として始まったことは確かです。芸術競技から芸術展示となり、前回の東京五輪でも古美術や歌舞伎などが展示されたものでした。文化プログラム(別項)の始まりはともかくとして、「2012年ロンドン五輪では17万の文化イベントが行われたが、これを受けて下村文科大臣は『東京では20万やる』と宣言した」と宮嶋さん。「このコアに総合型地域SCがなるのはどうか」と小倉さんに振りました。

文化プログラムで1億総参加

20万のプログラムを立案、実施するのは容易ではありません。まさに全国規模で、それこそ全国民が関わらないと実現しない数字です。思いつくまま、何でもあり。もちろんコンダクターがいてですが、地方、地域が存在感を発揮できるまたとないチャンスです。盛んに耳にする「レガシー(遺産)」を我が町に遺せるのです。  「地域が一丸となるプログラムを考えたい。お知恵をかしてほしい」三浦さん。小倉さんは「何でも当てはまるので、それぞれのSCに働きかけたい」と積極的。櫻井さんも「私も(岐阜県のために)積極的に協力して行きたい」と意気込んでいました。  2016年リオデジャネイロ五輪の閉会式で、リオ市長から都知事に五輪旗が手渡された瞬間から東京オリ・パラの文化プログラムは始まります。  「2020年オリ・パラはあっと言う間に来ます。5年後それぞれが何をしているか。日々の生活の中で自分の人生をアクティブに豊かにしてほしいと思います」と宮嶋さんは結びました。  2020年東京オリピック・パラリンピックでのレガシーは? 金メダル17個以上でないことは確かです。(文責・奥本浩平)  ▽主催 NPO法人バレーボール・モントリオール会(モン・スポ)  ▽主管 認定NPO法人つけちスポーツクラブ  ▽後援 中津川市、中津川教育委員会 以上 <認定NPO法人>NPO法人のうち、「一定の条件を満たしている」と国税庁長官が認めた法人。NPO法人が比較的形式的に「公共性ある団体であるか」を判定して認証されているのに対して、認定NPO 法人はより高い税制優遇を適用されるために「より客観的な基準において高い公共性を持っている」ことを判定された法人である。税制優遇は認定NPO法人に寄付した個人、法人、相続人、認定NPO法人自身に適用される。 <オリンピック憲章>オリンピズムとは「スポーツを文化、教育と融合させ、生き方の創造を探求するものである」とあり、オリンピック競技大会の章で文化プログラムについて「組織委員会は少なくともオリンピック村の開村から閉村までの期間、文化イベントのプログラムを催すものとする。要害プログラムは、IOC理事会に提出し、事前に承諾を得なければならない」と記している。 <文化プログラム>万国博覧会の時代(1896年〜1908年)、芸術競技の時代(1912年〜1948年)、芸術展示の時代(1952年〜1988年)、1992年バルセロナ五輪から2008年北京五輪までは、多彩な文化行事が行われる文化プログラムの時代へ変わっていく。文化プログラムの位置づけが大きく変化した背景には、東西冷戦終結後、グローバル化が加速する中で、多文化理解の観点から「文化」の重要性がより高まったと指摘されている。バルセロナ大会ではバルセロナの都市ブランド形成にインパクトをもたらした。2004年アテネ五輪では2001年から4年間、文化オリンピックが実施され、音楽、演劇、ダンス、オペラコンサート、パフォーマンス等の舞台芸術から展示、映画、文学等さまざまな文化イベントが開催された。2012年ロンドン五輪は、第2次世界大戦後、初めて同じ都市で2度目の五輪開催。それだけに「レガシー」という概念が重視された最初の大会でもある。その「レガシー」を実現するために文化プログラムがこれまでの大会に見られないほど大規模で多様に実施された。その概要は5つの目標@地球上で最も素晴らしいショー(オリンピック・パラリンピック)において、文化が重要な役割を果たすことA一生忘れられないような体験を(参加者に)提供することB英国の類まれなる文化とクリエイティブ産業を、新たな缶火薬に対して紹介することC英国の文化を世界中に発信することDロンドン2012フェスティバルにさんする機会を、すべての人々に提供する−。(この項、「オリンピック文化プログラムに関する研究および『地域版アーツカウンシル』の提言」を参照)これらの目標を実現するため17万ものプログラムが作成され、実施された。
             


 
 
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved