総合型スポーツクラブ大運動会と連携
川崎で「バレーボール教室&シンポジウム」

     

2016年1月23日

この冬一番の寒気が日本列島を覆った日、モン・スポにとっては平成28年の仕事始め。 今にも雪が降りそうな1月23日、しかし、川崎市のとどろきアリーナは熱気が充満していました。朝から私たちのtoto助成事業「バレーボール教室&シンポジウム」(サブアリーナ)と吉本興業と川崎市がコラボした「総合型スポーツクラブ大運動会」(メーンアリーナ)が同時に開かれたのです。メーンではよしも所属のスポーツ選手やお笑い芸人らと小学生たちが跳んだり走ったり。サブでは女子中学生ら約60名がバレーボールの基本プレーを学びました。

前田、杉山両元センターがブロック重点指導

実技指導はモントリオール五輪金メダリストの前田(現姓田村)悦智子さんとアテネ、北京五輪代表の杉山(現姓田中)祥子さん。175a(前田)と185a(杉山)、センタープレーヤーとして活躍した二人の指導ポイントに注目してみました。ブロックです。身長の高くない日本人は苦手。小中高校では積極的に練習するチームは皆無と言っても良いでしょう。  パス練習の後、ブロックの基本動作に入りました。ボールを両手で持って、コートに叩きつけます。さらに二人でネット越しにボールを押さえつけます。相手のスパイクを押え込む時の感覚を覚えるためです。杉山さんは、ブロックの際の手の出し方、左右への動き方など基本を丁寧に教えました。  バレーボール教室は回を重ねてきましたが、これほどブロックに集中して指導したのは今回が初めてでした。

初の中学生バレーボーラ―対象シンポジウム
フェアプレー宣言7か条を声高く読みあげる

シンポジウムも初の現象。教室に参加した選手たちが、そのまま聴衆になって行われました。メーンアリーナの2階ロビーに椅子を並べた即席の会場。テーマは「多様性(ダイバーシティ)を認める社会をスポーツから」、モデラーの宮嶋泰子アナ(テレビ朝日)はいきなり、フェアプレー宣言(日本体育協会作成)を配布。フェアプレー7か条@約束を守ろうA感謝しようB全力をつくそうC挑戦しようD仲間を信じようE思いやりを持とうFたのしもう−中学生を指名して朗読させました。スポーツを愛する者の心構えを改めて説いて、プロジェクターからパラリンピック(注1)の映像を流しました。


1996年アトランタ・パラリンピックの映像に釘づけ

1996年アトランタ五輪の時のもう一つのオリンピックです。宮嶋アナ自身が取材しまとめたレポートは約15分。車いすのマラソンやバスケットボール、義足のランナー、手足の不自由なスイマー、コートに座ってのバレーボール(注2)など、聞いたことはあっても初めて目にする身障者のスポーツ大会に中学生たちは目をくぎ付けにしていました。  「2020年、東京でもパラリンピックが行われます。その話をしましょう」宮嶋アナのリードで本題へ。パネラーの杉山さんは「今あるものを超える、これは障がい者の人たちだけでなく、私たちにも言えることだ」と言えば、田村さんは「(障がい者は)生きる力が強く、明るい。同じ人間として、私たちよりパワーがある」とスクリーンからの印象を口にしました。  北上市からの司東道雄さん(NPO法人フォルダ理事長)は手の不自由だったお父さんとの思い出を話しました。「(父親とは)キャッチボールをよくしたが、手が自由に動かないので、手元へ投げないと、(獲れないボールを)自分で拾いに行く羽目になる。お蔭でコントロールが良くなって、(学生時代)投手までするようになった」そうです。


迫力満点のシティングバレーボール見学

パネルディスカッションの半ば、メーンアリーナの大運動会で、シッティングバレーボールのデモンストレーションが始まりました。コートにお尻を付けたままでプレーするバレーボール。中座して全員で見学です。映像で見るのとは違って迫力満点のプレーに中学生バレーボーラ―たちはそれこそ目から鱗状態。予定の体験プレーは時間の関係でカットされましたが、体験のある田村さんは「1セットしかプレーしていないのにお尻が腫れて電車で座れなかった」と言います。「パスがしっかり出来ていないと試合にならない。Aクイック、Bクイックもやるんだよ」とも。これを聞いた杉山さんは「お尻をコートにつけたままプレーなんて、想像がつかない。反射的に腰が浮いてしまうと思う」。  初耳の話に感心しきりの中学生。司東さんが「(障がい者のスポーツには、健常者の時の)2倍、3倍のスタッフがついてバックアップする。(みなさんも)裏方の人や関係者の皆さんに感謝の気持ちを忘れずにプレーしほしい」と諭しました。


多様性社会を目ざすにはスポーツから

2020年東京五輪パラリンピックの課題の一つに「ダイバーシティ(多様性)を認める社会を目ざす」があります。
「国、言葉、年齢、性別、障害のあるなしに関係なしに、みんなが暮らしていける社会を目ざして行きましょう、ということですが、まさにスポーツこそがその大きな役割を担っているのです。みなさんも多様性社会を目ざすための力になりましょう」
宮嶋アナは呼びかけました。

▽バレーボール教室参加校と人数 塚越中学校15、向丘中学校12、永沢中学校22、西高津中学校9、県立星槎高校5。
◇主催 NPO法人バレーボール・モントリオール会
    公益法人川崎市スポーツクラブ
    川崎市総合型スポーツクラブネットワーク
    川崎市とどろきアリーナ  
◇協力 日本スポーツ振興センター


 
 

 

 
注1>[パラリンリンピック(Pallalel=類似した、同様の=+Olympics=オリンピックス=)]
国際的な障がい者のスポーツ大会は1924年パリで開かれた第1回国際ろう者スポーツ競技会(現在のデフリンピック)が初めて。
国際パラリンピック委員会(IPC)は1960年にローマで開催された第9回国際ストークマンデビル競技大会(23か国、400名参加)を第1回のパラリンピック競技大会と位置付けている。
この大会は1944年にイギリスのストークマンデビル病院で治療の一環として導入されたスポーツ活動(パンチボール、ダーツ、ロープクライミング、車いすポロなど)が発展したもの。
1964年東京大会(22か国、567名参加)では、車いすだけではなく、すべての身体障がい者が参加できる国際障がい者スポーツ大会となった。パラリンピックはParaplegia(対まひ者)のOlimpic、という発表から、「Paralympic(パラリンピック)」は東京大会の際、日本で名づけられた愛称である。国際オリンピック委員会(IOC)は1985年、国際障がい者スポーツ大会を「Paralympics」と名乗ることに同意したが、対まひ者のオリンピックという意味から身体障がい者の国際大会になじまないため「Parallel(類似した、同様の)+Olympics」と解釈することになった。日本が初めて参加したパラリンピック東京大会では84名(車いす選手53、役員31)の選手団を結成し、金メダル1、銀メダル5、銅メダル4を獲得している。(各種資料から抜粋)

注2>[シッティングバレーボール]

1965年、戦争で体が不自由になった人々によりオランダで考案された。日本では1992年位初めてチームが結成された。パラリンピックの正式競技になったのは1980年のモスクワ大会からで、日本の初参加は2000年のシドニー大会で男子6位、以降アテネ大会は男子7位。女子はアテネ大会から採用。北京大会では男子12、女子7位。ロンドン大会は女子7位。
アジアでの日本実力は、2014年アジア選手権で女子3位、男子6位。 ▽ルール 6人制、ラリーポイント制25点先取、5セットマッチ(最終セット15点先取) ・特別ルール  スパイク、ブロックとも臀部を床から浮かしてはならない。  レシーブでは短時間なら臀部を離床は認められるが、判断は審判に委ねられる。 ここで言う臀部とは上半身、肩からお尻まで。
(日本シティングバレーボール協会HPより要旨抜粋)



 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved