人をつくるのは「母親」と「食」
第4回女性スポーツ勉強会

2016年2月5日    報告書はこちら→acrobat

知っているようで知らない女性スポーツの勉強会は平成28年2月5日、東京・青山の東京ウイメンズプラザで4回目のレッスンを行いました。午後12時半、教室となるホールのスクリーンには、1976年モントリオール五輪女子バレーボールの決勝戦、日本VSソ連(現ロシア)の戦いが映し出され、そこで勝ち取った金メダルを、高柳(現姓吉田)、前田(現姓田村)、加藤(現姓中村)、金坂(現姓田中)、横山(現姓西川)のモン・スポ理事が出席者にお披露目。開講のチャイムが鳴るまでのひと時を和ませてくれました。 総合プロデューサーは宮嶋泰子アナ。進行はフリーアナの山口容子さん。メーンテーマは「減量とそのトラブル、悩み、そして解決法」について、トップアスリートや医師、専門家がそれぞれの立場で講義し、更にパネルディスカッションを繰り広げた4時間。全国各地からスポーツ、医療、学校、自治体、企業の関係者ら約290名は、メモ取りながら熱心に聞き入っていました。

1時限目は有森裕子さん(マラソン、1972年バルセロナ五輪銀メダリスト)。競技生活を振り返りながら「女子長距離界の悩み」を語り、「母親の食への興味、関心が私の体を支えてくれた」と“メダルの陰に母親あり”を強調。レスリングの小原日登美さん(2012年ロンドン五輪48`級金メダリスト)は2時限目。「オリンピックを目指して、減量と体の変化」を、整理トラブル・治療、オリンピック出場、結婚、出産と自らの半生を通してお話ししました。

3時限目は医者の立場から中村格子先生が「女性の体とスポーツ」についてレクチャー。 「女性の人生の中で骨が強くばるのは20〜25歳、骨がつくられる若い時期に摂取する食事が大切で、それは周りの大人の責任である」と説きました。  

「スポーツと栄養」は4時限目、管理栄養士の高橋千恵美さん。自ら2000年シドニー五輪10000b代表でもあるだけに、「減量より体脂肪を減らす。そのためにはバランスのとれた食事や体に合った調理法を行うことだ」とアドバイス。5時限目の杉田正明氏(三重大学教授)は「女子長距離選手をサポートして、コンディショニングについて」。女性アスリートの研究結果から「減量も必要だが、脂肪を採ることも必要だ」とEPA(魚に多く含めれている)を紹介しました。  

シンポジウムは「人間は食べているもので作られている」について。5名の講師がパネラーに、宮嶋アナがモデラーに。それぞれの立場で、実体験や経験、研究を基に「料理を作る人(母親)」「食」を話し合いました。  

今回の纏め。女性のスポーツに関しては、決して短いスパンで考えるのではなく、女性としての人生を視野に入れながらコーチや親、関係者がサポートしていく必要がある。その時だけよくても結果的に体を壊し、人生を台無しにしてしまうことがあることを忘れないように。=詳細は第4回報告書で=

特典いろいろマイスターカード

 今回から新しい試みを始めました。「マイスターカード」です。
「聞いて、見て、実践する」を合言葉に勉強会に参加するごとに、スタンプが加わり、
  3回参加:BRONZEマイスター
  6回参加:SILVERマイスター
  10回参加:GOLDマイスター
 となり、特典もいろいろあって、勉強会の楽しみの一つにしました。

イタ飯懇親会、100名賑やかに

 総がかりで後片付け。情報交換を兼ねた懇親会は、もう一つの勉強会です。
“教室”から歩いて3〜4分のイタリアンレストラン。100名近くがイタ飯をつつきながら、お酒もはいいて、ワイワイガヤガヤ歓談しました。中締めをはさみ、スタッフが解散したのは午後8時半を回っていました。お疲れさまでした。

 
 ▽主催   NPO法人バレーボール・モントリオール会(愛称モン・スポ)
        総合型地域スポーツクラブ女性ネットワーク(仮称)
 ▽特別協賛 日本水産株式会社
 ▽協賛   太陽化学株式会社
 ▽協力   大塚製薬株式会社、株式会社ポピンズ

 


 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved