障がい者スポーツのお祭りに一役
南千住で「バレーボール教室&シンポジウム」

     

2016年2月13日

平成27年度最後の「バレーボール教室&シンポジウム」は2月13日(土)、荒川区の荒川総合スポーツセンターで開催されました。この日は荒川区挙げての障がい者スポーツフェスティバルが行われ、その一環として私たちのtoto助成事業が組み込まれました。館内はパラスポーツ一色。朝から多くの区民で館内は賑わい、車いすバスケットボールやポッチャの体験などに参加していました。

金メダリスト、デフ選手と一緒に実技指導

 小学生を対象にしたバレーボール教室は、子どもたちが授業を終えるのを待って午後1時から。53名の小学生選手、初めてバレーボールに触れる子ども10名、中学生4名、お父さん・お母さん7名が参加。名実技指導は初の試み、デフバレーボール(注1)全日本メンバーの久保高あかねさん、大川愛子さんと金メダリストの金坂克子さん、横山樹理さんがコラボして行いました。内容はプレー姿勢とパス、レシーブの基本プレーの反復。あかねさんがパスの模範を見せれば、レシーブ練習では愛子さんがボールを打つなど、手話通訳さんを入れながら和気あいあいのうちに終わりました。いつものことですが、金メダルは子どもたちとっても“宝物”、2020年を控えているだけに、本物を手にその重さ、輝きを実感し、目を輝かせていました。

シンポジュウムもデフバレーボールに焦点

 引き続き「2020年東京オリンピック・パラリンピックを私たちはどのように迎えるか」をテーマにシンポジウム。この日、障がい者スポーツのお祭りとあって、宮嶋泰子アナ(テレビ朝日)は、パラリンピックを主題にリードします。自身が1996年アトランタ五輪・パラリンピックで取材、制作したVTRを流し、約50名の出席者に障がい者アスリートのひた向きな闘争心を焼き付けました。パネラーの金坂、横山の金メダリストは言葉も少なく、ただただ感動。宮嶋アナも勢い、同席するデフの愛子さんとあかねさんにマイクを向けます。と言っても2人の手話通訳さんの言葉で理解することになるのですが。  −なぜ、バレーボールをやっているのですか?  あかねさんは「小5の時、妹の友達がバレーボールやっていたのでプレーするようになった。デフに入ったのは4年前。バレーボールやっているから仕事も楽しくできる」  愛子さんも「野球もやっていたが、バレーボールがこれほど楽しいとは思わなかった」とすっかり虜になっていました。  一方の樹理さんは、アタックナンバーワンがきっかけでバレーボールを始めたそうですが、高校時代は「何でこんなにきついのにバレーボールをするの? 何度も逃げたことがあるが、止められなかった」と言います。金坂さんも「実業団に入ってだまされたと思うほどだったが、今は楽しんでいる」そうです。二人は、金メダルを獲るまでの厳しい練習に何度も止めようと思いながらも踏ん張ってきました。夢を実現し、リタイアして、家庭を持ち、そうして今、バレーボールを通して多くの人と触れ合って「バレーボールは楽しい、やってきてよかった」と心底思っているのです。

コートでのデフ選手同士のコミユニケーション

 障がい者にとってパソコンは助けになる道具。またサポートする人がいると居ないとではガラッと変わります。聴覚障がい者の場合は手話通訳さんがいて助かります。 −デフバレーボールではコミュニケーションを取るのが大変では?  愛子さん、あかねさん「(日常では)LINEを使いう。コートでは手話で指示したり合図したりする。床を蹴ったりすることもある」  −デフバレーボールの女子日本代表は、2013年のデフリンピック夏季大会(注2)で2位。来年の第23回大会(トルコ)でメダルを獲るとなると大変ですね?  愛子さん「大丈夫。みんな頑張っているから」  −あかねさんは大学でバレーボールを?  「混合バレーボール(注3)に入ろうと思っていたが、往復で2時間もかかるのでデフバレーボールにした」  −一般の人とプレーをしたいと思うことは?  あかねさん・愛子さん「先日、(デフ日本代表の狩野美雪監督の母校)八王子実践高と一緒に練習した。クラブチームと練習試合もする」

「我慢から解き放たれたら、何をしましたか」 デフ選手から金メダリストへの質問

出席者から質問が。「金坂さん(日立)と横山さん(ユニチカ)は対決どう思いましたか」  樹理さん「全日本の合宿ではベコさん(金坂の愛称)、矢野とつるんでいたので、仲良かった。日立とは、勝とうと思って戦ったが万年2位」  金坂さん「日立とユニチカとかは二人の間ではなかった」  愛子さんから金メダリストへ。「ゲンをかついだことありますか」  樹理さん「勝った時のユニホームや下着はそのまま着続けた」  金坂さん「途中出場が多かったので、緊張を和らげるため笑顔を意識した」  あかねさんからは。「やりたいことを我慢していて、パーと(自由に)なったときは?」  金坂さん「禁止事項はいっぱいあった。(パーとなったのは)引退して恋愛したことかな」  樹理さん「止めてしまうと何をして良いか、判らないもの」  バレーボールを通して繋がった4名。バレーボールでストレスを解消するあかねさんと愛子さん。今でこそバレーボールは楽しいと言う金坂さんと樹理さんは選手時代には逃げたいほど苦しんでいました。出席者はスポーツをする意味をいろいろ考えさせられたことでしょう。

2020年、一人一人がチャレンジしましょう

2020年東京オリ・パラ大会の柱の一つに「ダイバーシティ(多様性社会)を作ろう」がります。事あるごとに「健常者も障がい者も分け隔てなく暮らせる社会」を伝えることを心がけている宮嶋アナ。「皆さん、スポーツを通じて充実した人生を味わってください。2020年パラリンピックへ向け、一人一人イメージしてください。そのうえで、こういうことなら手伝えるということがあったら挑戦してください」と結びました。

▽バレーボール教室参加チーム  瑞光VC(汐入東小、瑞光小、三端小、尾久小)、まちやジュニア、屋久八幡中学校
◇主催 NPO法人バレーボール・モントリオール会
◇共催 障がい者スポーツフェスティバル
◇主管 南千住スポーツクラブ ◇後援 荒川区、荒川区教育委員会、荒川区バレーボール協会
◇協力 日本スポーツ振興センター                                  

注1>[デフバレーボール](deaf=聾者+vollyball=バレーボール)
日本では1998年に日本ろうあバレーボール協会を設立、2010年から一般財団法人日本デフバレーボール連盟(JDVA=Japan-Deafvollyball-Associatiln)に改名。日本は2013年第22回デフリンピック大会(ソフィア)で女子が銀メダルを獲得している。

注2>[デフリンピック(Deaf=聾者+Olimpics=オリンピック)]
聴覚障がい者のための総合スポーツ大会として1924年、フランスで夏季大会がスタート。冬季大会は25年後の1949年に始まり、いずれも4年に一度開催されている。来年はトルコで第24回大会が開かれる予定。

注3>[混合バレーボール]
男女3名ずつでチームを作り、ゲームを行う。ボールは一般の者より20c軽く、スポンジを触っているような感触。ネットの高さ224a、6人制ルールとほぼ同じ。2005年にNPO法人日本混合バレーボール協会(JMVA)を設立、現在全国に1000チーム超ある。

補足説明>[公益財団法人日本バレーボール協会の傘下にない3団体]
一般財団法人日本パラバレーボール協会(JPVA=Japan.Para-vollyball.Association)いわゆるシッティングバレーボールの統括団体、一般財団法人日本デフバレーボール(JDVA=Japan.Deaf-vollyball.Associationn)、特定非営利活動法人日本混合バレーボール協会(JMVA=Japan.Mix-vollyball.Association)。これらは日本バレーボール協会との連携を強く望んでいる。JPVAは1997年、日本シッティングバレーボール協会として設立、99年にパラバレーボールに改名して現在に至っている。




 
 
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved