ちびっ子たちの歓声、喜びもひとしお
熊本地震義捐バレーボール教室

     

2016年7月2日

熊本地震義捐のバレーボール教室は7月2日午後2時から熊本市南区の田向西小学校体育館で、小学生男女約70名が参加して行われました。
モン・スポからは吉田昌子代表、西川樹理、宮嶋泰子両理事の3名が指導に当たり、約2時間、ちびっ子バレーボーラーたちは久しぶりに歓声いっぱい、仲間と一緒にプレーしました。

当初予定になかった宮嶋理事(テレビ朝日アナ)の参加は、教室の進行には鬼に金棒。
「大助かりでした。お陰様でスムースに指導できました」と吉田代表。
樹理さんからは「おばさん二人で(実技指導)どうなるかと思っていましたが、楽しく、喜んでもらえました」というメールが会へ届きました。  
地元の熊本日日新聞(熊日)は4日付の総合版に写真入り、3段見出し「モントリオール『金』の2人指導」「児童 バレーで生き生き」、約50行の記事を掲載しました。  

発端は5月末、日本バレーボール協会(JVA)へ寄せられた1通の手紙でした。「地震で体育館が壊れて使えません。子供たちは寂しがっています。元気づけてやってください」(要旨)差出人は市立東町小学校バレーボール部員のお父さんでした。  
この話に素早く反応したのが吉田代表、西川理事。それぞれ大分、福岡の出身で、熊本地震へは早くから支援の思いを持っていました。吉田代表が早速、件のお父さんと電話でやり取り。やっと実現にこぎ着けたのが“この日”でした。  

会としても子供たちにお土産を考えました。東日本大震災の折、JVAが「こころはひとつ」をプリントしたTシャツを作製して、激励したことを聞き、ミズノへ無理なお願いをしました。これが水野正人会長(モン・スポ名誉顧問)の耳に入り、「今回は俺のポケットマネーで何とかする」という嬉しい返事をいただきました。これに加えてモルテン製の初心者用バレーボール3個、金メダルはがきをプレゼントすることが出来ました。  

手紙の主、高木剛さんからは「子供たちは感激しています。当日の思い出の写真をやり取りしていますよ。ありがとうございました」という電話。高木さんの娘さんで東町小学校バレーボール部主将、琳海(りんか)さんは「みんなでコートに立ってプレー出来て楽しかったです」と熊日にコメントしていました。


▽参加チーム 東町小学校バレーボール部、東部バレーボールクラブ、田向西小学校バレーボール部。

 
 
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved