JA全農ミートフーズちびっこバレーボール教室
男女100名、はつらつプレー

2016年7月23日

首都圏では梅雨明けが待たれる7月23日(土)、埼玉・三郷市総合体育館で「JA全農ミートフーズちびっこバレーボール教室」が小学生チーム男女11、約100名が参加して開かれました。
今年で9回目、三郷市では8回目の教室。中でも男子4チーム、39名という数字は初めてす。
実技指導は、総括の神白高子モン・スポ理事(旧姓飯田、1972年ミュンヘン五輪銀、1964年モントリオール五輪金)に加え、秋本愛さん(旧姓大友、2004年ロンドン五輪銅)、稲葉香菜子さん(旧姓内藤、2001年グランドチャンピオン大会銅)、岩田淳彦氏(日本協会強化本部員)と豪華メンバーです。 3面のコートに、5、6年生組(担当・岩田)、3、4年生組(担当・稲葉)、初心者組(担当・秋本)に分け、稲葉さん作成のメニューで約2時間半、パス、サーブ、サーブカット、スパイクなど基本プレーをたっぷりコーチしました。
これは珍しい。オリンピックの金、銀、銅のメダルがそろって机の上に。
休憩の度に子供たちが手に取って感触を楽しんでいました。中には「これ、いくらするの?」なんて質問する男の子に、「今の子供だね」妙に納得する大人も。 秋本さんというより大友さん、久しぶりのトレパン姿。少し太り気味のようですが、やっぱりコートの上はお似合いでした。長女(8)、長男(2)、二女(1)も一緒の参加で「本格的にボールに触るのは4年ぶりです」と右手にできたアザを見せながら笑顔を見せていました。
子連れと言えば稲葉さんはご主人が8か月の長女を抱っこして見学、微笑ましくもありました。
この教室の特徴は、館内会議室での食育講座です。おなじみスポーツ栄養アドバイザーの阿部菜奈子さん(オフィス・ラック・ユー)がジュニア向けに「暑い夏を乗り切るポイント」などを講義、40名超のお母さんが熱心にメモを取りながら聞いていました。

◇参加チーム
▽男子=三郷V.Max(早稲田小、彦糸小、彦郷小、中曽根小=三郷市、吉川市=栄小ほか)、春日部SEABIRDS(春日部)、小金原、松戸ミライズ(以上松戸市)
▽女子=三郷V6(前谷小、戸ヶ崎小、中川小)、三郷エンジェルス(前谷小、吹上小、高州東小、中川小、早稲田小、鷹野小ほか=以上三郷市)、フレンズミナミ(川口市)、八潮フラッパース(八潮市)、栄町少女バレー(吉川市)、小金原、松戸ミライズ(以上松戸市)
▽主催 NPO法人バレーボール・モントリオール会(モン・スポ)
▽共催 公益財団法人三郷市文化振興公社 ▽後援 三郷市教育員会、三郷市スポーツ少年団 ▽協賛 JA全農ミートフーズ株式会社、雪印メグミルク株式会社
▽協力 株式会社モルテン、三郷ママ、スポーツ少年団母集団  
      

熊本地震義援金3万円集まる

神白高子理事の緊急提案で熊本地震義援金の募集を行いました。ことは急でしたが3万円が集まりました。
お父さん、お母さん、地元の家庭婦人チーム「三郷ママ」の皆さん、ありがとうございました。 この日(7月23日)朝、神白理事は、熊本地震支援バレーボール教室(7月2日・熊本市)の際、子供達へ贈ったTシャツのうちモン・スポへ戻ってきた20着がすべて大人用であることに着目しました。食育講座のお母さんや三郷ママのメンバーらにTシャツ、JA全農ミートフーズさん提供の食育本「ジュニア選手の勝負食」を熊本地震義援金として買っていただくことを考え、JA全農ミートフーズさん、三郷市文化振興公社さんに提案、了解を得たのです。義援金は月末、阿蘇市市役所へ郵便振替(無料)で送りました。


 
 
 
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved