満員御礼!第6回女性スポーツ勉強会
涙あり笑いあり、目から鱗の4時間
今回のテーマ「リオデジャネイロ・オリンピック、パラリンピックに学ぶ」

2016年10月1日

青山の東京ウィメンズプラザにお越しくださった311名の皆様、本当にありがとうございました。
モン・スポ主催、第6回「女性スポーツ勉強会」は参加者の並々ならぬ熱い情熱に支えられ大成功に終わりました。総合コーディネーターとして心から感謝いたします。

リオ五輪女子マラソンの山下佐知子コーチからは、女子陸上競技長距離選手を日常どのように指導しているかの具体例が挙げられ、体重コントロールと競技力向上と月経の話などが出て、いつドクターと相談するかなど現場での女性コーチの気働きについて伺いました。コーチの思いと選手の思いの差があるところが実に興味深かったです。

リオパラリンピック水泳監督の峰村史代さんからは、ブラインドや切断、機能性まひなどカテゴリーの違いや、実際に起こった事例などビデオを交えて伺いました。パラリンピックの水泳をこのような解説付きで間近で見るのは、ほとんどの参加者にとって初めてのことだったのでしょう。会場からは感嘆の声が上がり、参加者は画面にくぎ付け状態でした。

リオパラリンピックの女子マラソンでわずか1秒差の4位になった土田和歌子さんのストーリーも感動的でした。リレハンメル、長野とアイススレッジで出場し、シドニー、アテネ、北京、ロンドン、そしてリオでマラソンに出場した和歌子さん。結婚や出産を挟みながらのアスリート人生の話に涙ぐむ観客もいたほどです。2020東京も視野に入れて頑張りたいという挑戦宣言が出るなど、その生きるパワーは聞く者に元気と勇気を与えてくれました。

そしてお待ちかね、シンクロの井村雅代さんのお話は、さすが話術の達人。うならせたり笑わせたり、人を引き付ける力は半端じゃあありません。「ここに今日お越しの方々は、義理で来ている人が一人もいない。みんな知りたいという気持ちでいっぱいですね」と参加者を見る力もさすがです。リオ五輪の裏話はもとより、井村シンクロクラブで出産した若いコーチたちに対してどのような仕組みを作っているかなど、お母さん力の利用についてもお話いただきました。最後にサプライズで井村ファンを自認するミスターライオンズ石毛宏典さんがエールを送るシーンも。男女を問わず井村流はスポーツコーチの心を揺さぶるようです。

そして、その後行われた7人+宮嶋で行われたシンポジウムがこれまた超がつく面白さでした。これまで日本バレーボール協会の強化事業本部長の重責を担ってきたモン・スポ理事でもある荒木田裕子さんが、ナショナルチームメンバーは婦人科ドクターによる授業を設けている話など、かなり進んでいる対策についてお話しくださいました。
また婦人科スポーツドクターの高尾美穂先生からは、婦人科の細かな問題まで踏み込んで、お話しいただき、みんな大満足。
スピードスケートや新体操の遠征に帯同経験を持つ整形外科医の中村格子先生からは、男性コーチの無理解等もお話しいただきました。何より将来が嘱望される若い人の骨の怪我などは早めにスポーツドクターによる検診が必要とのことでした。

会場からは陸上競技1500m日本記録保持者小林祐梨子さんからの実に驚くべき話が披露され、会場は皆目を白黒…また目からうろこが落ちました(笑)。
最後に会場にいらしてくださったスポーツ庁の木村審議官にスポーツ庁の現在の取り組みをお話しいただき、お開きとなりました。
いや、本当に4時間15分があっという間でした。

勉強会の振り返りリポートは追ってゆっくり作成し、できましたらここでもご紹介いたします。
リオデジャネイロ五輪やパラと同じように、観客がどれだけエキサイトするかがその成功のカギを握っていると、今回も強く感じました。本当にみなさんありがとうございました。

次回は11月25日に盛岡で、1月29日は岐阜で行います。またお会いいたしましょう。
そして、モン・スポの事業としては11月6日に横浜国際高校で「アジアスポーツフェスタ2016」を行います。日本にいる難民の方と日本の若者がスポーツを通じて交流するイベントです。今回が9回目です。
モン・スポはみなさんが会員になってくださることで成り立っております。個人の賛助会員、正会員、さらには企業の団体会員等是非皆様の入会をお待ちしています。一緒にスポーツ界をより良いものに変えていきましょう!
                             (文責・宮嶋泰子)

 ▽主催 NPO法人バレーボール・モントリオール会(愛称モン・スポ)
 ▽特別協賛 日本水産株式会社
 ▽協賛 太陽化学株式会社、株式会社ポピンズ
 ▽協力 一般財団法人東京都スポーツ推進協議会、一般財団法人全国スポーツクラブコミッション、
     女性アスリート支援委員会(がんばれ!やまとなでしこプロジェクト )

               

 


 
 
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved