みちのく盛岡、約170名が熱心に
第7回女性スポーツ勉強会終わる

2016年11月25日    報告書はこちら→acrobat

好評の女性スポーツ勉強会(モン・スポ主催)は7回目を迎え、11月25日(金)夜、岩手県盛岡市のいわて県民情報交流センター・アイーナ「小田島☆ほーる」で約170名が参加して開催されました。

 講師は本会の高木貴子理事、マラソン銀メダリストの有森裕子さん、整形外科の中村格子医師、産婦人科の蓮尾豊医師の4名。この勉強会を第1回からプロヂュースしてきた宮嶋泰子アナ(テレビ朝日、モン・スポ理事)の司会で始まりました。

 第1時限目は高木理事。「女性としてスポーツで得たもの失ったもの。j若い女性アスリートに伝えておきたいこと」をテーマに講義しました。長身がための苦労、十分な筋力のないままの猛練習で腰、肘などの怪我の連続も金メダルのためには当たり前と思って練習を重ねたと話しました。これからの女性アスリートへは、正しい知識を身につけることの大切さを説くと同時に、自分の心大事すること、反省をしても後悔しないこと、教わり上手になること、とアドバイスしました。

 整形外科スポーツドクターの中村医師は2時限目。「女性アスリートに起こりやすい怪我と予防」について、前十字じん帯損傷など膝の故障を中心に講義しました。女性の膝の故障は男性の3倍から8倍(部位による)で、その原因は膝の弱さにもよるが、使い方にもあるとのこと。正しい知識をもってトレーニング吸うことの大切さを説きました。

 3時限目の産婦人科医の蓮尾医師は、ピルについて説得力のある話をしました。女性アスリートは月経トラブりがつきものだが、ピルを使用することで回避できる。欧米では8割以上が使用しているが、日本では8l未満(2012年調べ)。澤穂希さんは20歳からピルを使い始め、今日まで素晴らしいサッカー人生を送っ ていること を例に挙げ、ドーピングの心配もないので、日本のアスリートも積極的に使用してほしい、と声を大にしました。

 食事の重要性を話したのは4時限目の有森さん。食には小さいころから興味はあったが、とりたてて意識することはなかった。中学でバスケットボール、高校で陸上競技(駅伝)をやるようになって、ヘモグロビンの極端な低さから、鉄分の取り方を考えるようになり、親子で食事のことを意識したそうです。実業団(当時リクルート)では栄養士がいたが、自分で考えて食事をとったいいます。スポーツをきっかけに食事を考えるようになったが、体調が良い時の体重、記録が出たときの体重など自分に合った数値を知ることが大事。人に惑わされることなく、自分の情報は自分で管理するなど、自立したスポーツ選手、自立した人間になるよう訴えました。

  シンポジウムでは新たに元世界陸上女子10000b代表の片岡純子さん、地元からソチ五輪女子カーリング代表の苫米地美智子さんの二人が加わりました。講師の話をベースに宮嶋アナがリードしましたが、片岡さんが「(講師皆さんの話を聞いて)涙が出そうになりました。もっと早く聞きたかった。(現役のときに聞いても)その通りしなかったかも知れないが、聞きいていたら…」と話したのが印象に残っています。ここでは地元、盛岡市カーリング協会理事長の小守林靖一さん、元フェンシング選手で国体強化委員の峯井直子さん、フィールドホッケー五輪代表の小沢みさきさんも登壇して、それぞれの立場で現状を報告しました。

 締めは地元の皆さんによるプレゼンテーション。Lips Dance Schoolのチアダンス、総合型地域SC(いーはちーぶSC、Bondsクラブ、コミスポ東厨川、まつぞのSC)のリレー紹介、岩手県カーリング協会・浪岡正行会長、岩手県ラグビーフットボール協会・長澤伸郎女子強化委員長が、力強くアピールしました。

 打ち上げは駅近くの居酒屋さん。関係者23名が深夜まで情報交換、互いの労をねぎらいました。

 ハプニングがありました。プログラムが会場に届かなかったのです。前日の24日、東京都内は観測史上初の積雪。交通網は大混乱、加えて運送会社の不手際も手伝って前代未聞、プログラムなしの勉強会となりました。これには宮嶋さんが孤軍奮闘です。開会を前に急きょ、パソコンを駆使してデータを作り、会場のスクリーンを使って精一杯の補充。午後5時15分開場、同30分勉強会開始の同9時明け渡しというタイトで中身の濃い3時間半をまとめました。ご苦労様でした。

 開催に当たって特別協賛をいただいた大塚製薬蒲l、協賛くださった地元中心の30の団体と個人の皆様、ありがとうございました。下準備からご苦労をいだいた県職員の中島昭博さん、NPO法人いーはとーぶSCの村里洋子、濱畑裕子さんら、お疲れ様でした。感謝 。

  来年1月29日は岐阜、朝日大学で第8回の開催です。
(文責・奥本浩平)詳細は第7回女性スポーツ勉強会報告書を参照ください。

 


 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved