参加者350名、約3割が若いアスリート
第8回女性スポーツ勉強会
ありがとう!朝日大、ぎふ瑞穂SG

2017年1月29日  

 2017年の”仕事始め”「第8回女性スポーツ勉強会inぎふ・朝日大学」は29日(日)、 岐阜県瑞穂市穂積の朝日大学で約350名が参加して盛会のうちに終わりました。  

 午後12時半、本邦初の”新旧金メダルの競演”が行われました。 1976年モントリオール五輪女子バレーボール決勝戦、日本VSソ連(現ロシア)の模様が大型スクリーンに流れる中、 金メダリストがメダルを披露するのは毎回のことですが、白井貴子、金坂克子、高柳昌子の3名に交じって 今回は、昨年のリオ五輪競泳女子200b平泳ぎで 優勝した金藤理絵さんも4か月前に勝ち取った金メダルをお披露目。 金藤さんは地元ぎふ瑞穂スポーツガーデン所属とあって参加者の関心もひときわ高く、舞台の前に長い行列ができるほどでした。    

 そんなこともあってか、開会のチャイムも5分ほど遅れて午後1時5分に鳴りました。 山口洋子アナ(フリー、モン・スポ正会員)の司会でスタート。モン・スポの金メダリスト3名が紹介され、 主催者を代表して高柳(現姓吉田)代表理事があいさつ。 マイクが総合コーディネーターの宮嶋泰子アナ(テレ朝スポーツコメンテーター、モン・スポ理事)に渡って講演へと 入っていきました。

 武田美保さん(スポーツコメンテーター、シンクロスイミングのアトランタ五輪銅、シドニー五輪銀、アテネ五輪銀)、 村田由香里さん(日体大助教授・新体操部長、新体操のシドニー、アテネ両五輪出場)、 金藤理絵さんの3名は、生理と競技力を中心にそれぞれの競技をベースにお話をしました。

 佐藤希望さん(大垣共立銀行、リオ五輪フェンシング8位)は、3歳の男児を持つ ママさん選手。愛息を国立スポーツ科学センターの託児所に預けながら隣のナショナルトレーニングセンターで練習を重ねたご苦労を語り、現在も妊娠6か月ながら2020年を目指す決意を表明しました。

 伊藤可奈子医師(ココカラウイメンズクリニック院長)は産婦人科医の立場から、選手活動を終えた後も女性として生きるための知識、選手生活についてアドバイス。産婦人科と聞いて、扉をたたきにくいでしょうが、疑問や異常があったら、勇気をもって相談するよう訴えました。

 大友克之さん(朝日大学学長、整形外科医、日本バレーボール協会メディカル委員会委員)は、女性のほとんどが摂食障害に悩んでいると指摘。親、指導者を含め環境を整備することの必要性を唱えました。また、朝日大学は今春、健康スポーツ科学科を新設しますが、「社会は豊かさを求める時代に来ていると思う。その中には健康、スポーツがある。(豊かさを求めめていくための)問題点を地域と一緒になって、この岐阜から発信していきたい」と抱負を語りました。

 女性スポーツ勉強会は、講義(講演)、対談、パネルディスカッションと形を変えて、女性スポーツの問題点を浮き彫りにし、解決への糸口を探ります。

 今回は「女性スポーツの基本を学ぶ」をメーンテーマに中身の濃い正味3時間半。講義を聞き終わって、人それぞれ思いはありますが、筆者はまず、骨量は14歳から20歳で完成し、強度は18歳がピークということが印象に残りました。競技よって異なりますが、トップアスリートの年齢が若くなっています。それだけに体の成長と競技力強化とのバランスを指導者や親はもちろん選手自身にも考えさせる必要と思いました。特に女性は出産という”大事な仕事”があります。それだけに、人生を狂わせてはなりません。

 もう一つはママさん選手への対応です。託児所はどこまで整っているのか。佐藤さんは言いました。「(周りでは)ママさんになって全員が競技力が伸びた」と。2020年、それ以降を考えると、すべてのスポーツ施設に託児所を設けてほしいとオーバーに願っています。

 閉会のあいさつに立った岸田美也子さん(ぎふ瑞穂スポーツガーデン事務局長、モン・スポ正会員)は真っ先に、地元の高校や大学から多くのアスリートが参加してくれたことを挙げました。過去の勉強会で、これほど若い現役アスリートが顔を見せてくれたことはなかったと思います。無料ということもありますが、その数、男女合わせて約100名。指導者やお父さんお母さんはもちろんですが、今競技力アップを目指して頑張っている人たちが聞いてこそ実になる講義ばかり。これからの勉強会へ向けて、大きな一石を投げてくれました。

 懇親会(有料)は学生食堂。約100名が特別料理に舌鼓を打ちながら、勉強会の余韻を残して情報交換を行いました。
 ありがとう! ぎふ!                                              
 文責・奥本浩平  
 ▽主催 モン・スポ(NPO法人バレーボール・モントリオール会
 ▽共催 朝日大学、(公財)ぎふ瑞穂スポーツガーデン
 ▽協賛 株式会社アクアバンク、株式会社大垣共立銀行
 ▽協力 ぎふ清流の国SCネットワーク、一般社団法人全国スポーツクラブコミッション
 ▽後援 女性アスリート健康支援委員会(がんばれ!やまとなでしこプロジェクト)、
  岐阜県、岐阜県教育委員会、瑞穂市、瑞穂市教育委員会、(公財)岐阜県体育協会、NPO法人岐阜県レクリエーション協会

 


 
 
 
 
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved