第9回女性スポーツ勉強会
熱心に250名、目から鱗の3時間45分

2017年6月3日   報告書はこちら→acrobat

 女性スポーツ勉強会は9回目を数え、6月3日(土)午後、東京・青山の東京ウイメンズプラザで約250名が参加して開催されました。今回のテーマは「道なき道を切り開いてきたパイオニアたち 女性の人生とスポーツ」。

開会前、午後12時半になると恒例のシーン。ステージのスクリーンに1976年モントリオール五輪で日本が金メダルに輝いた時の日本vsソ連(現ロシア)戦の模様が映し出され、当時のメンバー、吉田〈旧姓高柳)代表、田中(旧姓金坂)副代表理事、中村(旧姓加藤)理事が金メダルを出席者に披露しました。

午後1時開講。吉田代表の主催者あいさつのあと、勉強会の総合コーディネーター宮嶋泰子理事(テレビ朝日スポーツコメンテーター)へ時ならぬ花束。日本オリンピック委員会(JOC)の2016年度女性スポーツ賞受賞(授賞式は6月9日)が決まり、そのお祝いでした。

第1時限目は、元競泳日本代表の松田丈志さんを育てた久世由美子さん(元オリンピック水泳日本代表コーチ)。「女性だから教えられたこと。女性だから難しかったこと」ビデオを交えながらの熱弁に出席者はただ聞き入りっていました。

第2時限目は、かつて女三四郎と呼ばれた山口香さん(筑波大学大学院准教授)です。「世界の女性スポーツと日本 日本の女性の大変さ」男勝りのはきはきした講義は抜群の説得力でした。

雰囲気を変えた第3時限目は鼎談(ていだん)。「女性がいい仕事をするために必要なこと」について、宮嶋アナがリードして、久世さん、山口さんが思いのまましゃべる。井戸端会議のような中に、聞き逃せない話がいっぱいでした。

「スポーツで教えられたことが仕事に生きる」第4時限目は1888年カルガリー五輪ショートトラック金メダイストの獅子井英子さん。特別養護老人ホームで介護の仕事を続ける今の獅子井さん姿に、氷の上を懸命に滑る姿をダブらせながら聞き入りました。

休憩をはさんで第5時限目。2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロ両五輪のバタフライ競技で銅メダルを獲得した星奈津美さん(株式会社ミズノ)です。バセドウ氏病と闘いながら競泳の世界で光り輝いてきた実績の中に「病気を克服してのスポーツ スポーツに教えられたこと」のすべてが込められていました。

産婦人科医の高尾美穂先生の第6時限目は基本中の基本「女性の体とスポーツ」。いつものことながら、知っているようで知らないことを分かりやすく解説。ヨガの実演を取り入れて参加者の気持ちを和ませてくれました。

にぎやかにシンポジウム。宮嶋アナの司会で、久世さん、獅子井さん、星さん、吉田代表、高尾先生が「女性の役割… 過去の勉強会から学んだこと」について、“女3人よーったら”が倍です。想像に任せます。

特別講義は特別協賛の日本水産株式会社から関口洋一取締役常務執行役員です。「EPAで安全にスポーツを続けられるカラダへ」ニッスイとEPA研究の歩みやSPORTS EPA誕生、スポーツへの効果など和かい語り口で解説、納得の時間でした。

中身のぎっしり詰まった3時間45分。いつものことながら、午後5時を目途に、後片付け追われる運営スタッフでした。                   

▽主  催 NPO法人バレーボール・モントリオール会
▽特別協賛 日本水産株式会社
▽協  賛 太陽化学株式会社 株式会社ポピンズ
▽協  力 女性アスリート健康支援員会
      一般社団法人全国クラブコミッション
      一般社団法人東京都スポーツ推進員会



7月12日付機関紙社会新報の記事

6月5日付新聞赤旗の記事
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved