吉田代表、シッテイングバレーボール指導
2020年東京オリ・パラへ東京都が実施

2017年9月3日

パラリンピックの競技種目シッテイングバレーボールの体験教室に吉田昌子代表理事が一役買いました。2020年東京五輪・パラリンピックの会場の準備状況を通じて大会への関心を高めてもらうため東京都は9月2、3の両日、親子向けの施設見学ツアーを実施しました。その中の一つがシッテイングバレーボール体験。吉田代表はこれまで、障がい者スポーツに積極的に取り組み、シッテイングバレーについても経験があって今回、ご指名がありました。

 参加者は2、3日とも40組・80名の計160名。いずれに日も、午前中はバスツアーで国立競技場、有明アリーナ、五輪水泳センターなどの建設現場を見学して午後、晴海客船ターミナルのホールの特設コートでシッテイングバレーの体験教室が約2時間開かれました。
 ほとんどの人は初体験。床にお尻を付けたままプレーすることの難しさに、もどかしそう。夢中になってボールに触ろうとするとお尻が浮いてしまい、思わず笑いが起こりました。基本の動き、パスなどを一通り練習した後はゲームです。ここではルールそこのけで親子が楽しそうにプレー。得点が入るたびに大喜び。「難しかったけど、楽しかった」「お友達にもシッテイングバレーボールを教えます」など参加者の声に、吉田代表は「シッテイングバレーボールの普及のお手伝いが出来て嬉しいです」。

<シッテイングバレーボール>
6人一組で行う対戦型のスポーツ。お尻を床に付けたまま、ボールを落とさないように相手コートに打ち返します。相手がボールを床に落とすと1点。1セット25点制で、3セット先に取ったチームが勝ち。5セットマッチで、第5セットは15点を取ったチームが勝ち。
 サーブ、ブロック、アタックなどをプレーするとき立ち上がったり、跳びはねたりすると反則となり、相手に得点が入る。
 コートの広さはネットを挟んで縦5メートル、横6メートル、ネットから2メートルのところにアタックラインがある。ネットの高さは男子1メートル15、女子は1メートル05。


 
      

 
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved