スポーツ、地域、子供たち、そして人生−。
第10回女性スポーツ勉強会in金沢160名受講

2017年10月14日  

 秋の北陸路金沢は意外や、暖か。地方で開催する「女性スポーツ勉強会」は上田市、盛岡市に次いで3度目です。
一区切りの10回目は10月14日、会場は金沢駅にほど近い石川県女性センター。いつものように正面スクリーンには1976年モントリオール五輪女子バレーボール決勝戦、日本vsソ連(現ロシア)戦の模様が流れ、吉田昌子代表理事、田村悦智子、中村きよみの両理事が金メダルを披露すると、出席者は次々に首にかけて記念撮影していました。

定刻午後1時、司会者のフリーアナウンサーの山口洋子会員の紹介で吉田代表が主催者あいさつ。総合コーディネーターの宮嶋泰子理事(テレビ朝日スポーツコメンテーター)がこの会の趣旨をお話して、この日の講義がスタートです。

 1時限目は、体操界のリジェンド内村航平さんのお母さん周子さんです。体操世界選手権(10月2~8日・モントリオール)から帰国したばかりの登壇。『女性として−仕事・子ども・スポーツ・地域−』のテーマですが「その日によって話すことが違う」と言いながら自らの女性アスリートとしての体験を吐露しました。愛息の話では、ロンドン五輪で個人総合3連覇したときは「これで以上上はないから引退してほしいと思った。金メダルじゃないとだめだと評価されるのが怖かった」。今回、跳馬の着地でけがをしたときは「大した怪我ではなかったけれど、このまま(次の演技に進まないで)辞めてほしいと思った」など、母親の、主婦の、指導者の、それぞれの顔を覗かせながら折々の葛藤をポジティブにお話ししました。

2時限目は日本体育協会公認スポーツ医師の能瀬さやか先生が『女性アスリートの月経と対策−障害予防とコンディショニングの点から−』と題して、女性アスリートにとっての基礎知識を講義しました。

 3時限目は地元出身(石川・能美市)の浅田雅子さん。1988年ソウル五輪の飛び込み競技代表です。文字通り『飛び込み日本代表として−現役〜現在まで 苦悩と喜び−』について。石川県は飛び込み競技が盛んでオリンピックに出る可能性の高い飛び込み競技に、母の思いもあって始めたそうですが、今では生涯スポーツとしてマラソンを始め、トライアスロンにも挑戦しようとしています。

 協賛社、日本水産鰍ゥら『EPAで安全にスポーツを続けるカラダへ』のPR、休憩をはさんでシンポジウム。

モデラー役の宮嶋理事が、これまでの女性スポーツ勉強会を振り返って、ディスカッション『女性として−思春期のスポーツ、仕事、子育て、地域、健康とどう向き合うか−』に入りました。内村、能瀬の両講師に加えて、地元出身のオリンピアン、南(旧姓板倉)美紀さん(羽咋郡志賀町、92年バルセロナ五輪競歩代表)、丸山(旧姓丸)章子さん(金沢市、2000年シドニー五輪トランポリン代表)、中川真依さん(小松市、08北京、12年ロンドン両五輪飛び込み代表)と金沢星稜大学の奥田鉄人教授(日本体育協会公認スポーツ医)が勢ぞろい。

「選手として競技に向かう際、もっと栄養学や体の仕組みについて知っていればよかった」
「今の子供は、科学的知識を持った指導者など環境が整っているのに、昔のような根性がない」
「最後の勝負は科学では証明できないところがある。スポーツはまさに心技体。最終的には心。どれだけやってきたかの自身が必要」
「喜びや楽しみがあって初めてスポーツが成り立つ。時代は根性論から科学的指導へと変わっている。心に響く指導はどうすればよいのか、いかに心に火をつけるのか」
「海外では放任で見守る。すごくほめる。みんなに前でそのこと(ほめる部分)を紹介し、そのあとダメな部分を教えてくれる」
「(金沢市では)トランポリンの初歩の段階を教えてくれるママさん指導者が頑張ってくれているので良い選手が育っている。地域のスポーツは大切だと思う」などなど大変な盛り上がりを見せました。(カギカッコ内は各登壇者の主な発言を要約したもの)

『スポーツは心をリフレッシュして地域のスポーツを元気にする』宮嶋コーディネーターの言葉で約50分の討論を締めくくりました。
特別協賛社で地元企業の鰍ワつやから「とり野菜みそ」のレシピが紹介された後、地元のスポーツクラブの皆さんがズラリ壇上へ。かなざわ総合型スポーツクラブ、宝達スポーツクラブ、クラブぽっとからそれぞれ活動報告を行いました。

4時間にも及ぶ勉強会、今回の実行委員会委員長でもある奥田教授が、この会の意義を改めて述べ、大きな拍手のうちに閉会しました。
夜は駅前の金沢ホテルで懇親会。約40名が和やかに歓談しました。 次回、第11回は2018年4月14日(土)、東京・青山の東京ウイメンズプラザで開講する予定です。(文責・奥本浩平、大上志麻)

▽主  催 NPO法人バレーボール・モントリオール会(愛称モン・スポ)
▽主  管 女性スポーツ勉強会inいしかわ・金沢実行委員会
▽特別協賛 株式会社まつや
▽協  賛 日本水産株式会社
▽協  力 女性スポーツ勉強会を応援する総合型地域スポーツクラブ有志の会、       
NPO法人クラブぽっと、NPO法人ココナススポーツクラブ、NPO法人かなざわ総合スポーツクラブ
▽後  援 (社法)女性スポーツ健康支援委員会、石川県、金沢市、金沢市教育委員会、(公財)石川県体育協会、石川県女性スポーツ協会、金沢星稜台大学、金沢学院大学、北國新聞社





 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved