館山市11月恒例のバレーボール教室
「貴重な体験に心から感謝します」
〜神保露樹正会員の報告から〜

2017年11月18日  

 館山市恒例の「〜オリンピックメダリストに学ぼう!〜バレーボール教室」が11月18日(土)館山市営市民体育館で市内の小中学生約70名が参加して行われました。以下は神保露樹正会員の報告です。

金丸謙一市長の開会の挨拶から始まり、出山裕之教育長、講師の田村悦智子理事、吉田昌子代表理事、そして不肖、私まで挨拶して教室はスタートしました。

初心者組は田村理事と私、経験者組は吉田代表理事、2班分かれてそれぞれ指導。初心者組はオーバーハンドパス、アンダーハンドパスを学んだあと、休憩をはさんでスパイク練習を行いました。小学校低学年の子は飽きっぽく、じゃれあったり、ふざけたりしていましたが、田村理事が優しく注意すると、素直に言うことを聞いていました。

閉会の挨拶で吉田代表理事は『3つのF(フェアプレー、フレンドシップ、ファイティングスピリッツ)』の大切さを強調、田村理事は「努力すれば夢が叶う」と話し、金メダリストの言葉だけに大変説得力がありました。 終了後、教育委員会職員2名と私たちモン・スポメンバー3名とでお寿司を食べながら反省会を持ち、解散しました。

今回感じたことは、館山在住の田村理事の情熱もさることながら、市教育委員会の方々がバレーボールをはじめビーチバレー、菜の花マラソン等、スポーツ活動に非常に熱心で、田村理事との連携も取れているうえ、地元の指導者の皆さんも情熱を持って取り組んでいる姿が印象的でした。

そして、吉田代表理事と田村理事の絆と、金メダリストが醸し出す威厳等、お金には変えられない、貴重な経験をさせていただいたことに、心から感謝しております。

(注)金丸市長、出山教育長ともモン・スポ賛助会員です。






 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved