タイムリーな「ハラスメントを考える」
第11回女性スポーツ勉強会終わる

2018年4月14日   報告書はこちら→acrobat

 セクハラ、パワハラス−。日本国内でもハラスメントへの認識が高まっています。
そんな折、モン・スポは、スポーツ界のハラスメントを考えようと「第11回女性スポーツ勉強会」を4月14日(土)午後1時から東京・青山の東京ウイメンズプラザで開催しました。参加者約210名。いつもの通り、総合コーディネーターの宮嶋泰子理事(テレビ朝日スポーツコメンテーター)が、過去10回を振り返ることから開講しました。

 1時限目はモン・スポ理事の矢野(現姓池田)廣美さん。金メダルを取るまでの過酷なまでの練習を振り返りました。

 2時限目はソフトボール界のリジェンド、宇津木妙子さん。日本代表監督を12年間も務めた実体験を踏まえながら指導について講義しました。

 3時限目の北田典子さんは全日本柔道連盟理事。「暴力根絶プロジェクト」のセクハラ部会長として尽力した経験を踏まえ、柔道の原点『人間教育』の大切さを訴えました。

 4時限目は日本人初のプロロードレーサー、沖美穂さん。フランスやオランダのチームに所属した経験からプロ選手の自立、指導者との対等な関係を説きました。

 5時限目は産婦人科スポーツドクターの高尾美穂医師。体罰や暴言など、様々なストレスが自律神経失調症等を誘発。精神的ダメージに止まらず脳を委縮させることを指摘しました。

 シンポジウムは、宮嶋コーディネーターのリードで講師5名が実体験からのハラスメントについて意見を述べ合いました。

 ▽主  催 NPO法人バレーボール・モントリオール会(愛称モン・スポ)
 ▽特別協賛 日本水産株式会社
 ▽協  賛 太陽化学株式会社、株式会社ポピンズ
 ▽協  力 女性スポーツ勉強会を応援する総合型地域スポーツクラブ有志の会、女性アスリート支援委員会、
              一般社団法人東京都スポーツ推進委員協議会


 神白理事の生涯スポーツ功労者賞受賞祝う

 情報交換の場、懇親会は青山通りの向かいの青学会館IVYホール。
今回も前回の宮嶋泰子理事のJOC女性スポーツ賞受賞と同様お祝いの会。昨年10月、平成29年度賞が貴スポーツ功労者賞を受賞した神白高子理事(モン・スポ初代代表理事)を、約110名がにぎやかに祝福しました。

日本バレーボール協会の鍛冶良則常務理事、NPO法人日本バレーボール・オリンピアンの会の小泉勲理事長(メキシコ五輪銀メダリスト)、ミュンヘン五輪の銀メダル仲間、岩原豊子さん、神白さんの地元、草加市バレーボール協会の新井陽子理事長、モン・スポの吉田昌子代表理事ら多くの仲間から花束や祝辞が贈られました。神白さんは喜びをかみしめながら改めて賞の意義を噛みしめていました。





 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved