お知らせ

ネパール難民支援のためUNHCRへ10万円寄付

6月6日(金)

      

  高木貴子代表理事、加藤、奥本の両理事は6月6日午後、青山の国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)を訪れ、ネパール難民支援のための募金、10万円を国内委員会の赤野間征盛理事長に手渡しました。昨年4月にはUNHCRの協力を得て、高木、田中、池田の3金メダリストらがネパール東南部のキャンプに出向き、バレーボール教室を開きました。帰国後、報告会や写真展などの折りにネパール難民支援の募金活動を続け、その都度、全国の多くの皆様から暖かい心遣いを頂きました。難民支援バレーボール教室に実現に尽力していただき、遠征の際も現地で大変お世話になった、根本かおる事務局長も同席。「皆様の善意に心から感謝いたします。ネパールの難民もカナダやアメリカへの移住へ向け、動き出しました。この浄財はネパールの難民支援のために使わさせていただきます」と謝意を述べました。当会としましても、この募金に協力してくださった全国の皆さんに改めて御礼申し上げます。    

 

 

 



 
 
 
 
Copyright (C) 2007 Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved