横浜のいちょう団地でバザー開催

2009年4月25日

      

横浜のいちょう団地(小田急線高座)渋谷駅下車、徒歩約15分)でインドシナ系住民向けのバザーを開きました。子供服、古着、ブランド品、アクセサリー、食器、スポーツ用品、日常品などのほかバイク事故相談、高木代表の健康教室、それにベトナム料理の店まで。きっかけは07年ネパールでブータン難民を支援した際、多くの方から頂いたスポーツ関係の衣類などが処分しきれず、宮嶋理事の実家に保管されていました。せっかくの厚意だけに、多くの人に喜んでもらえる形で処分したいと思っていた宮嶋理事。そこで昨年12月、インドシナ留学生対象のスポーツ大会(横浜国際高校)が縁で知り合ったベトナム人の紀さんに声をかけ、彼が住んでいる団地内の第1集会場を借り実現しました。商品はこの日俄か店員を務めた高木代表、娘の理賀子会員、仲真衣子会員、都築好美会員、宮嶋理事とご主人(会員)に弟さん、奥本理事らが持ち寄ったものも多く、ふとん、コタツなど40畳ほどの集会場から小さなロビーまでぎっしり。

生憎の雨で、早朝の準備からおおわらわ。11時にオープンすると、日本語も流暢な“お客さん”が次々と品定めにやってきました。横浜市と大和市にまたがるこの団地は、インドシナ系の住民が多いそうですが、見分けが付かないほど。値切るは、値切るはで大盤振る舞いの叩き売りでした。売り上げ金46060円でした。



 
 
 

 



 
Copyright (C) 2007 Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved