富士見中とJICAの橋渡し

2009年4月

      

東京・富士見中学校バレーボール部顧問の池上先生から「古いボールがたくさんあるので、何かのお役に立ちたい」と事務局へ電話がありました。輸送費用を考えると公の機関を通すのが得策と考えJICAに相談しました。09年度第1回「世界の笑顔のために」に参加するようアドバイスをもらい、早速4月の下旬、40個を登録しました。その返事が7月14日にあり、富士見中で7月31日までに荷造りして指定倉庫へ送ることになりました。JICAでは、どの国へ送るかはまだ決まっていないとのことでした。富士見中バレーボール部の皆さん、ありがとう。



 
Copyright (C) 2007 Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved