カメルーンやパプアニューギニアからお礼の手紙

2010年3月

バレーボールを発展途上国の子供たちに寄贈したお礼が、カメルーンやパプアニューギニアから届きました。予期せぬ手紙は1月下旬、JICA(独立行政法人 国際協力機構)を通して当会へ郵送されてきました。事の発端は昨春、東京・富士見中学校の池上稔教諭からの電話でした。「古いバレーボールがあるのですが、何かお役に立ちませんか」。事務局から早速、JICAへ電話を入れ、平成21年度「世界の笑顔のために」のプログラムに協力することになりました。同中のバレーボール部員がせっせと荷造りした40個のボールはJICA青年海外協力隊事務局のボランテイアを経由してカメルーン共和国、ミクロネシア連邦、パプアニューギニア独立国へ送られたのです。感謝状、礼状のあて先は本会になっておりますが、富士見中に宛てられたものでもあります。かいつまんで紹介します。


カメルーン派遣 小学校教諭 山下義明さん  
小学6年生のクラスで休み時間に、提供していただいたバレーボールを用いてドッヂボールをやって見ました。コートの端から端まで5mもないのですが、子供たちはそこまでボールを届かせることができません。ボールが大きすぎるのです。ボールをキャッチすることはもっと難しいのです。カメルーンの小学校では高学年になるとサッカー(男子)とハンドボール(女子)の全国大会に参加します。もうすぐ、この全国大会に繋がる地方大会が始まります。町の子供たちは今、バレーボールを使って一生懸命にキャッチとパスの練習をしています。  ボールなどを提供すると言うことは、決して簡単な作業ではなかっただろうと思います。みなさんのぎっしり詰まった想いを裏切ることのないよう、これからもこの国の人たちと協力しながら、交流を深めていこうと思います。心より感謝申し上げます。どうもありがとうございました。(長文の手紙と一緒に子供からのお礼の手紙が同封されていました)

ミクロネシア連邦ヤップ州 青少年活動に取り組む森久和紀さん
 
日本と同じ、この島でもバレーボールは人気スポーツです。しかしながら、体育教育がまだ授業として確立していないこの島では、子供たちが本格的なスポーツに触れ合う機会はありません。それでもスポーツクリニックでは、皆キラキラした笑顔で、石ころの混じったグラウンドを裸足で駆け回っています。まだまだ、ボールに触ることで必死な子供たちですが、スポーツを通して。彼らが一つでも多くのことを学ぶことができるよう、一緒に歩いていきたいと思います。この度は、本当にありがとうございました。  

パプアニューギニア 理数科教師 行本貴司さん
 
パプアニューギニアではスポーツに対する意識が非常に高く、多くの生徒が何らかのスポーツをしています。バレーボールは特に女子生徒には人気のスポーツです。しかし、以前は学校に2つしかボールがなく、練習も満足にできないのが現状でした。ご寄付をいただいたボールが、これからの授業の一環として使用され、大切にされていくことを確信します。最後に、ご寄付をいただいたことに感謝するとともに、これからもご発展とご健康をお祈り申し上げます。

感謝状、礼状を送ってくださった方々(順不同)   
JICA青年海外協力隊事務局 伊藤隆文局長  JICAカメルーン支所 安城康平支所長、ボランテイア調整員 長谷川修、フィールド調整員 長田有加里  JICAミクロネシア 浜田眞一所長  JICAパプアニューギニア 水谷恭二事務所長  ミクロネシア連邦ヤップ州政府青年市民局ピーター・レベウルチュさん  パプアニューギニアのキウンガセカンダリークール校長 ミナル・ギポ校長

 

カメルーンの子供からの手紙の訳文

中央小学校第3学校 5年

 

 私たちは親愛なる日本の皆さんに「アリガトウ」。
私たちは皆さんからたくさんのものをいただいたことをとてもうれしく思っています。
私はいつの日か、あなたたちに会うことを楽しみにしています。
日本の皆さん、私たちのためにいろいろなことを助けてくれてありがとう。
1000回の「アリガトウ」を送ります。

 
 
 
 
 
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved