べナン共和国からお礼の手紙

2010年4月

バレーボールを発展途上国の子供たちに贈ったお礼が、べナン共和国からも届きました。JICA(独立行政法人国際協力機構)青年海外協力隊事務局「世界の笑顔のために」プログラム担当者から3月下旬に当会の事務局へ送られてきました。

JICAベナン支所 山本るみ子さん          
(前略)日本とベナンは大変遠い距離にありますが、このような国際協力に対する善意あるご支援が、地域住民の生活環境改善に直接貢献し、更なる二国間協力の理解と発展に資するところが大きいものと思料するところです。貴会の発展を当地ベナンより祈願しております。大変ありがとうございました。

20年度1次隊ベナン共和国ゾボドメし役所配属 青少年活動 山崎有美 さん
 
前略)私は今、西アフリカにあるベナンという国で背少年活動隊として活動しています。ゾボメドという小さなまちの市役所にはいぞくされ、地域青少年の育成に努めています。各市には、青少年余暇センターがあり、その活動が私の仕事の一つでした。しかし、子どもたちは小さな弟や妹の面倒を見なければならず、学校に行くのがやっとで自分の余暇に費やす時間がほとんどないのが現状です。それでも、時間があれば、空気の抜けたボコボコのボールを裸足で追いかけています。もっと小さい子どもたちは、古タイヤを木で上手に回転させる遊びに夢中になっています。どこか懐かしい昔の日本を見ているような気がします。今回いただいた物品は、市長と相談し、青少年余暇センターと私の行っている体育の巡回授業で使用するために、各小学校に分配されることになりました。品物を受け取った子どもたちの目は本当にキラキラと輝いていました。「世界の笑顔のために」プログラムということを実感した瞬間でした。2年間という限られた時間の中で、私たち隊員ができることには限界があります。そして、アフリカという厳しい環境の中でできることもまた限られています。その大きな要因は深刻な物不足です。そんな私たちの活動を陰で支えてくださっているのは、たくさんの方々のやさしさです。みなさんの思いが、ベナンの子どもたちに伝わるように大切に使わせていただきます。そして、一つでも多くの笑顔に出会って日本に帰りたいと思います。このたびは、本当にありがとうございました。最後になりましたが、皆様のご健康とご活躍をお祈り申し上げます。  

ゾボメド市長 David Zinsou TOWEDJEさん
 
この度は日本人ボランテイアの活動の一環として、あなた方のご好意で子どもたちが自由に使えるようにボールやなわとび、クレヨンといった大切な物品をお送りくださったことに感謝いたします。あなた方のこの行動は、両国の友好関係の発展のみならず、子どもたちの健全な育成にも大きく貢献しています。あなた方に感謝の意を表すために、市議会の名においてこの礼状をお送りいたします。最後になりましたが、重ねて厚く御礼申し上げます。(原文翻訳)

ベナン共和国ゾボメド市立タンウエ・ヘッス小学校生徒代表
親愛なる友人へ。 私たちにボールやなわとびをくださったことにとても感謝しています。私たちは本当にうれしいです。なぜなら学校には一つもボールがなかったからです。あなたの友達である山崎有美さんに聞けばこちらの状況はわかるでしょう。私たちはこれらのものを大切に使うことを約束します。本当にありがとう。(原文翻訳)

 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved