しあわせ薬と処方箋 午後のチャリティートーク&ライブ


難民支援のトーク&ライブ「しあわせ薬と処方箋」、私たちは、ついにコンサートを実現させました。9月26日(日)、横浜市泉区民センター「テアトル・フォンテ」、380人収容の小ホール、ほぼ満員の盛況に、胸をなで下ろしたものです。
事の発端は、事業を展開するたびに“寂しい懐”から持ち出しになることでした。思案の中の5月、都築会員が宮嶋理事に持ちかけたのが、ただ今売出し中、男性ボーカル4人組「jammin’Zeb」(ジャミン・ゼブ)のコンサート。テレビ朝日のアナウンサーでディレクターでもある宮嶋理事は、難民支援の実績を生かし、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)と連携したチャリティーコンサートを構想したのです。ブレイクへまっしぐらのジャミン・ゼブを抱えるジュンコーポレーションも全面協力を約束、会場も押さえ、紆余曲折、試行錯誤を重ねながらも、多くの協力者を得て、その日を迎えました。


   

 3500円(全席自由)はほぼ完売。開演は午後2時というのに、朝8時5分にはジャミン・ゼブのファンが整理券を求めて行列を作るほどでした。ロビーには’07年ネパールでブータン難民支援バレーボール大会を行った時の写真を2枚のホワイトボードに展示して、本会の活動をPR。熱気のホールでは“宮嶋ストリー”が進みます。「人々を幸せにすることで、自分も幸せになる」とっておきの話を、宮嶋アナの司会で高木貴子代表理事と池田廣美理事がネパールでの体験を語る。世界各地の難民キャンプで働いた実績のあるUNHCR事務局長の高嶋由美子さんがジャミン・ゼブとの掛け合いを交えながら「難民」について解きほぐす。個性豊かなボーカルと卓越したコーラスワークのイケメン4人組とバレーボールの金メダリスト、そして難民支援。観客は妙なコラボレーションを納得し始めます。高嶋さんの解説にうなずく人たち。ジャミン・ゼブの熱狂的な主婦たちも、です。ベトナムの子供たちの可愛い踊りを挟んで、若きエンターティナーたちのライブは始まりました。



3500円(全席自由)はほぼ完売。開演は午後2時というのに、朝8時5分にはジャミン・ゼブのファンが整理券を求めて行列を作るほどでした。ロビーには’07年ネパールでブータン難民支援バレーボール大会を行った時の写真を2枚のホワイトボードに展示して、本会の活動をPR。熱気のホールでは“宮嶋ストリー”が進みます。「人々を幸せにすることで、自分も幸せになる」とっておきの話を、宮嶋アナの司会で高木貴子代表理事と池田廣美理事がネパールでの体験を語る。世界各地の難民キャンプで働いた実績のあるUNHCR事務局長の高嶋由美子さんがジャミン・ゼブとの掛け合いを交えながら「難民」について解きほぐす。個性豊かなボーカルと卓越したコーラスワークのイケメン4人組とバレーボールの金メダリスト、そして難民支援。観客は妙なコラボレーションを納得し始めます。高嶋さんの解説にうなずく人たち。ジャミン・ゼブの熱狂的な主婦たちも、です。ベトナムの子供たちの可愛い踊りを挟んで、若きエンターティナーたちのライブは始まりました。

 




「世界に一つの花」「ダニーボーイ」「桜」などおなじみの曲に拍手は止みません。アンコール2曲にも「モット聴きたい」「必ずブレイクする」そんな思いの1時間。スポーツも音楽も時に人を幸せにし、人を楽しませる。“異種格闘技”はちっとも異種ではありませんでした。
終演後のロビーは難民支援募金と平均身長180a、3人がハーフという4人のサイン会で大混雑。余韻は1時間も続きました。
  NPO法人バレーボール・モントリオール会は売上金10万円と集まった募金66352円をUNHCRへ寄付。後日、UNHCRから感謝状をいただきました。残りは諸経費を差し引き、後日開催の第3回アジア・スポーツフェスタ実行委員会等へ寄付しました。
なお、このコンサート開催に当たり、早大学生、県立横浜国際高生徒、同校の前身・県立外語短大付属高卒業生ら多くの皆様のご協力を得ました。ありがとうございました。

主催=NPO法人バレーボール・モントリオール会
後援=国連難民高等弁務官事務所
協力=シュンコーポレーション

 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved