金メダリストも大混乱で脳生き生き
シナプソロジーって、なーに?

2013年10月26日

「シナプソロジ―」って知っていますか。この言葉を聞いたことはありますか。五感の刺激により、脳内のシナプス(SYNAPSE=脳細胞間の接続部)の働きを活性化させるメソッドで、造語です。健康をサポートする会社、潟泣lサンスが開発、命名。今、スポーツクラブはもとより、リハビリセンターから一般企業まで幅広く導入、活用されています。

新しい刺激に反応し脳が混乱した状態を作ることで、脳を活性化させます。スポーツトレーニングに取り入れることで運動機能が向上します。企業の生産性向上にも役立ちます。高齢者の機能低下予防や子どもの知育・発育のプログラムに組み入れられています。老若男女だれでも、どこでも、ツールはなんでも、短時間(10分〜20分)で成果を得られるのが特徴です。

 このシナプソロジ―の普及員講習会が10月26日午後2時から3時間、東京・両国のルネサンス本社会議室で開かれ、金メダリストらモン・スポの関係者10名(別掲)が、約50名の一般の方に交じって受講しました。講師はプログラムの開発・研究に携わる望月美佐緒さん(ルネサンス執行役員)らシナプソロジ―普及会の皆さん。

 スクリーンを使っての講義と実技を交互に行い、「シナプソロジーとは」を論理的に学びながら、指導者としての実践を重ねます。じゃんけんに始まり、赤と青のお手玉、スカーフを活用した動作、ひとりから2人、3人、5人と増えます。

 例えば、1人で行う4動作では、手を広げたり、上にあげたりなど4つの動作を覚え、指導者の指示で実施します。指示が番号から色や言葉に代わると混乱を起こすのです。お手玉では、赤は相手の名前を言って投げ、赤は自分の名前を言って投げます。これが2人ならまだしも3人、4人と増えれば大混乱です。
スカーフキャッチでは指示された手で掴むだけから、掴む手の反対側の足を前に出す、となるとバタバタします。
じゃんけんでもグー、チョキ、パーで様々なアイデアがあります。混乱は笑いを生み、相手との親しみを増します。この日も初対面の参加者同士がすっかり打ち解けてお友達になったのです。
混乱することが、脳活性化の証なのです。出来ることを誇るより失敗に喜びを感じるのがシナプソロジ―。からだの健康、こころの健康と言われますが、脳を活性化こそが全ての健康につながると実感しました。中身の濃い3時間。「楽しかった」「大いに混乱しました」「疲れました」と言いながら受講者は普及員のパスポートを手にしていました。

 後日、今回、面倒を見ていただいたルネサンスの谷賢造教育トレーナーから「講義終了後、望月と話したのですが、皆さんの素晴らしい積極性とリーダーシップ力について改めて感動したところです。さすがゴールドメダリストの皆さんですね」とのメールを頂戴ました。
奥本浩平

 モン・スポ関係の参加者=田村悦智子代表理事、吉田昌子副代表理事、神白高子顧問・理事、中村きよみ理事、田中克子理事、奥本浩平理事、田中祥子さん(アテネ五輪代表)、内藤香菜子さん(元NEC)、神白絢さん(神白顧問の娘)、飯田幸枝さん(田村代表の友人)。
以上
シナプソロジー普及会HP 

 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved