初の大型セミナー、あらゆる分野から240名
好評だった第2回女性スポーツ勉強会
第2回女性スポーツ勉強会を東京ウイメンズプラザで開催

     

2015年2月6日    報告書はこちら→acrobat

モン・スポ初の大型セミナー形式イベント「第2回女性スポーツ勉強会」(知っているようで知らない 女性スポーツについて学んでみよう!)は平成27年2月6日、東京・渋谷の東京ウイメンズプラザで行われ、約240名が参加して好評のうちに終わりました。この催しは昨年8月1日に開いた「知っているようで知らない 女性スポーツについて学んでみよう!」(総合型地域スポーツクラブ女性ネットワーク=仮称=主催)を受けて今回、モン・スポが総合型地域SC女性ネットワークと一緒になって開きました。北海道から沖縄まで、トップアスリート、スポーツ行政担当者、大学教授にお医者さん、総合型地域SCスタッフ、報道関係者、全盲の男性、車いすの女性、学生らいろんなフィールドの方々が集まって、知識を、横のつながりを深めました。情報交換のための懇親会を含めると実に正味7時間及ぶ勉強会は、女性スポーツだけでなく日本のスポーツ行政に至るまで情報満載でした。以下、印象に残ったことを独断と偏見でピックアップしました。

2020年の遺産は“子どもが自由に運動できる環境”

「女子中学生の運動実施率をあげるために」山梨大学・中村和彦教授のお話に注目しました。1964年東京五輪では健康にかかわるものとして生涯スポーツという遺産(スポーツ少年団、スポーツ振興委員、文科省による体力測定)ができましたが、2020年の「東京」は何を遺すか、まだその方向すら見えてこないことに中村教授は注文を付けます。

あれから半世紀が過ぎ、経済状況、生活環境が大きく変わったことは確かです。中でも子どもたちの自由な遊びの場が極端に少なくなり、子どもの体力が低下していることに注目。社会全体が子どものための環境ではなく大人のためのそれになっているからだと指摘します。公園を例にとると、野球やサッカーはダメ、走ってもいけない、大きな声を出すな。車社会の中では道端では遊べません。遊び場を失った子どもたちが体を動かす場はスポーツ教室やクラブ。勢い自ら体を動かすことを忘れた子どもたちは、指導者がいないと運動をしなくなってしまいました。

教授は言います。小学生以下の子どもにはインストラクターはいらない、遊びを届けるプレーリーダーこそ必要だ、と。子どものとき体を動かすことが気持ち良いと言う感覚の人は大人になっても体を動かしているのそうです。幼少時に培った感覚、体力の「持越し効果」で、歳を取っても体力維持することにつながっていると言うデータを示しました。そのうえで教授は2020年のレガシーは女子、障がい者を含めすべての子どもが運動する、運動できる環境づくりだと言います。そのためにも学校体育が主体の日本では学校体育と地位スポーツが一体化することが重要だと提言しました。さらに、テレビやスマホでのゲームは会話を妨げている今。コミユニケーションこそ生活の要、スポーツは意思の疎通があってこそ成り立ちます。だからこそ今、スポーツは不可欠だとも主張しました。

女子中高生アスリートへのサポート体制確立

昨年8月1日、順天堂大学に女性スポーツ研究センターが誕生しました。女性スポーツを医学的に研究するセクションで、勿論日本初。そのメンバーの池端亜由美さん(順天堂大非常勤助教授)は「女性の体とスポーツと栄養」についてお話ししました。
男女のカラダの違い、女性特有の生理と心身の変化など、まさに勉強会のメーンテーマ。順天堂大では婦人科、整形外科、栄養相談などを行っていますが、問題は、女性アスリートが身体的、心理的な問題を相談する機関が日本にはないに等しいことだそうです。女性スポーツについてはまだまだ発展途上の日本。2020年へ向けては、女子中高生アスリートが自己管理を出来るよう、そのサポート体制を確立する必要性を訴えていました。

室伏由佳さんの壮絶な投てき人生

テレビ朝日スポーツコメンテーターの宮嶋泰子さん(モン・スポ理事)をモデラーに、シンポジウムのテーマは「女性アスリートの悩み」。パネリストは池田廣美さん(旧姓矢野、モントリオール五輪女子バレーボール金メダリスト、モン・スポ理事)、岡崎朋美さん(長野五輪巣スピードスケート女子500b銅メダリスト)、室伏由佳さん(アテネ五輪女子ハンマー投げ日本代表)。伊藤静夫さん(日体協スポーツ科学研究室長)、池畑亜由美さんがアドバイザーとしてコメントします。
室伏さんの告白はショッキングでした。鉄の塊を振り回して投げる雄々しい姿とは真逆で、けがと病気との闘いでした。強くなるためには質より量の思い込みから、我慢に我慢を重ね憂鬱で痛い毎日だったと言います。アジアの鉄人と言われた父・重信さん、兄の広治さんから、美香さんの頑丈な身体を想像しましたが、10年にもわたって貧血、子宮内膜ポリープ、肩の神経障害と闘いながら円盤投げ、ハンマー投げで日本記録をつくり、オリンピックにも出場したのです。「何でも相談できる人が身近にいることが大切です」と言う美香さん。2012年に引退して、次世代に自らの生き様をどのように伝えようかと考えたそうですが、結論は直接自らの言葉で話すことでスポーツ界の発展に役立てばうれしいと結びました。

貧弱なママさんアスリートへのバックアップ

出産、育児と競技(記録)を体験してきた岡崎さん。子育てをしながらソチ五輪代表を目指して、結果は日本代表になれませんでしたが、日本の女性スポーツに対する理解の低さを痛感したのです。結婚、妊娠、出産、育児、家事、そして練習、大会などなど主婦アスリートのカバー範囲は想像以上に広く、多くのサポートなしには成り立ちません。ママさん選手の活躍こそが、強い大和なでしこを育成につながるのです。

必死の金メダルから40年、そして古傷に泣く

金メダルから約40年、猛練習の後遺症に泣いているのは池田さん。昨年秋、それまで我慢に我慢を重ねてきた左ひざの手術をしました。半月板はバラバラ、ひざ関節の上下の骨は真っ平にすり減っていたそうです。医者はよくここまで我慢したねと言ったそうですが、選手時代はこれくらいの我慢は当り前だったのです。もっと早い時期にと言っても、手術や治療にはお金がかかります。金メダリストとはいえども特別ではありません。手術代、治療費は自己負担。特別な保険もありません。ここにも問題提起がありました。引退後の生活はそれぞれですが、例えば日の丸を付けて然るべき成績を挙げた選手にはその後≠フ生活保障などがあってもよいのでは。

伊藤さんは、女性スポーツに対応する婦人科の先生が少なすぎるので、日本体育協会でもその道の先生を増やす活動を展開していると言います。 順天堂大はまさに女性の為のアスリートのための研究室を作った、と池畑さんは自負。その成果が1日も早く現れることを期待しましょう。

何よりも頼もしい“お母さんの目線”

ゲストスピーカーは杉山美沙子さん、あの愛さんのお母さん。テーマ「女性の目線」について、開口一番、意識したことはなかったと言いました。が、愛さんがスランプに陥ったとき、自分ではどうしてよいか判らなくなった愛娘に「私はあなたが見えるわよ」の一言がきっかけでコーチに。テニスのプレー経験はありませんが、ここにはお母さんの目線がありました。どんな時でも見守ってくれているという安心感が、愛さんを復活させまたのです。男性コーチにはない、繊細な物の見方、それでいて男性的な決断力、これこそ杉山美沙子さんの真骨頂です。あの錦織圭が、将来性のある穂積絵莉が輝いているのは、“母の目線”なのかもしれません。

賢くあれ! 女性アスリートの能力に注目

アスリートは現役時代もそうですが、引退した後生活に困ります。正直、日本の企業はまだまだ社会貢献の意識が薄いうえ、アスリートを宣伝媒体でしか見ていない向きもあります。「世界の女性アスリートを巡る動きについて」については水野正人さん(ミズノ株式会社会長、モン・スポ名誉顧問)です。トップアスリートは賢くないとダメ。なかでも女性アスリートの能力に注目している、と言います。そのうえで、新しい生き方を求める方はぜひチャレンジしてほしい、と提案したのが新日本有限責任監査法人のWABNメンタリング・プログラム。主旨は、競技スポーツで成功した女性アスリートの起業を含むビジネス分野への挑戦を支援するというもの。今年の応募期間は6月末。
応募要件、募集人員等詳しいことはWABNメンタリング・プログラム 日本エリア事務局  wabn@shinnihon.or.jp

参加者とスピーカーを繋いだ“宮嶋マジック”

以上約5時間の勉強会は学生時代にもなかったほど集中して聞き入りました。とりわけ、注目したのは、この勉強会全体をコーディネートした宮嶋さんが、テーマに沿って臨機応変に名指しで出席者へ質問を投げかけたことでした。白井貴子さん(バレーボール)、有森裕子さん(マラソン)、山口香さん(柔道)、増田明美さん(マラソン)、小野寺志保さん(サッカー)、川島奈緒子さん(シンクロナイズドスイミング)、伊藤華絵さん(水泳)のほか、お医者さん、総合型地域SCのスタッフ、日体協職員、地方体協職員ら。バラエティーに富んだ方々の躊躇ない対応は、スピーカーの話をより説得力を持たせ、この会を大いに意義あるものにしたと思います。

学んだことを次回のために整理してみました

中身の濃いお勉強も、時間が経つと忘れがちになります。第3回、その次を考えると、到達点をしっかり確認することも忘れてはなりません。学んだこと記憶に残ったことは参加者それぞれ異なるものですが、これからの女性スポーツを考えたとき、筆者は大きく2点に集約しました。

1点目。女子の小中高生からトップアスリートまでを対象に、心や体のトラブルを抱えたとき、気軽に何でも相談できるお母さんの様なスタッフが必要である。女性のカラダ、食事などについて基本的な知識を持った人材が、学校やクラブに存在することでスポーツに励む女性たちは救われる。
2点目。スポーツの世界で女性の立場や意見をもっと強く反映させることが求められる。そのためにも地方自治体、地域のスポーツクラブ、部活などで女性の役員、指導者を増やす必要がる。

成功の陰にウーマンパワーの行動力と団結力

多くの人に支えられての一大イベントでした。勉強会から懇親会まで総合司会を務めた山口容子さん(フリーアナウンサー)。いつもながら歯切れの良さと仕切りの的確さはさすがです。岸田美也子さん(一般財団法人ぎふ瑞穂スポーツガーデン)、渡辺優子さん(NPO法人希楽々)、田原由美さん(公益財団法人長崎県体育協会)、八藤土後瑞枝さん(NPO法人希楽々)、梶尾洋子さん(総合型地域SC棚原星の里スポレク倶楽部)、半澤由美子さん(こみち体操クラブ)、大上志麻さん(宇部市役所)、松澤淳子さん(早大スポーツビジネス研究所)、福徳未来さん(公益財団法人横浜国際交流協会)、落合佐和子さん(早大スポーツ科学大学院)ら、この中の多くは数か月前から準備に取り掛かって、この日を迎えました。

地方からの皆さんは東京の雪にハラハラしながら上京して1泊、開館の午前9時には勢ぞろい。資料の袋詰め、コートなどを整理するハンガー集め、役割分担などなど人海戦術で大わらわのやっつけ仕事です。容赦なく時間は過ぎます。当たり前なのかもしれませんが、持ってきたものはチリひとつまで持って帰れ、です。午後6時半過ぎ、後片付で出た荷物は段ボール10個。これを抱えて徒歩5〜6分先の懇親会場のレストランへ。4個の処分はレストランにお願いして、6個はゆうパックで山梨の金メダリスト宅へ送り、再度選り分けることにしたのでした。押せ押せのスケジュールの中で懇親会は午後7時を大きく回っていました。が、90名弱がひしめいて、お酒も入って大賑わい。いつ始まって、いつ終わったことやら。朝からの皆さんは12時間以上の“勤務”、お疲れ様でした。ありがとうございました。

日本水産、太陽化学、バスクリン、EY Japanに感謝

それにも増して嬉しかったのは、日本水産株式会社、太陽化学株式会社、株式会社バスクリン、新日本有限責任監査法人(EY Japan)の4社のご協賛でした。まだまだ発展途上の私たちに、勇気をもって“投資”して頂いたことに感謝します。お蔭で、私たちは大きな励みをもらいました。日本スポーツ界の、とりわけ女性スポーツの前進に向けて頑張れ! とエールをいただいた思いです。モン・スポの金メダリストは、半世紀前の体験を基に、2020年東京五輪を迎えようとする、またそのあとを支える後輩たちに、メダルに負けないレガシーを遺し伝えるために、これからは頭を鍛えて参ります。

以上 <文責・奥本浩平>

 

  主催 モン・スポ(NPO法人バレーボール・モントリオール会)
     総合型地域スポーツクラブ女性ネットワーク(仮称)
  協力 順天堂大学女性スポーツ研究センター
     東京都スポーツ推進委員協議会女性委員会
     女性アスリート健康支援委員会(がんばれ!やまとなでしこプロジェクト)
  協賛 日本水産株式会社
     太陽化学株式会社
     株式会社バスクリン
     新日本有限責任監査法人



 
 
 
 
 
 
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved