大地震災害のネパールへ義捐金送る

     

2015年5月8日

テレビの画面にくぎ付けになりました。2015年4月25日11時26分、ネパールで大地震が起きました。死者は1万人にも及ぶと言われています。

モン・スポにとってネパールは切っても切れません。設立翌年の07年4月、高木貴子、田中克子、池田廣美の3名の金メダリストらが参加して、ブータン難民支援のバレーボール大会を行った国です。アジアスポーツフェスタはこれがきっかけで始まり、今日まで続いています。

そんな思いも含め当時、お世話になった人たちはどうしているのだろうか? 安否の思いと同時に9年前にこの目で見た町や寺院やヒマラヤの山々がまぶたに浮かび、今テレビで観る災害の惨さとのギャップに呆然としました。  

28日朝、思い立つように国連UNHCR協会へ電話お入れ、支援の寄付を申し入れ、5万円を振り込みました。この寄付金は、実は2月に行った「女性スポーツ勉強会」(モン・スポなど主催)の際、参加者に約束したことでもあります。

が、ネパールの一大事はモン・スポにとっては他人ごとではなく、「大地震義捐金」に名前を変えました。 テレビ、新聞など報道機関も一斉に救援募金を呼びかけました。モン・スポの行動に呼応したのが初代代表理事の神白高子さん。5月8日、モン・スポを通して5万円を国連UNHCR協会へ送りました。自身の名前を冠にした家庭婦人バレーボール大会、神白杯は草加市、越谷市、三郷市など埼玉県内で広く展開しています。今年も開催されますが、この大会参加者らが日ごろから「困った人のためになれば」とコツコツ集めてきた浄財です。私たちがネパールへ遠征する際も、このママさんたちは「難民のためになれば」とシャツや靴などを段ボール一杯カンパしてくれました。その心は私たちモン・スポ と同じです。ありがとうございました。  

当時、テレビ朝日のドキュメンタリー番組制作でネパール遠征に同行した宮嶋泰子アナ(本会理事)によりますと、現地で通訳をしてくれたギータさん(女性)は「無事です。テントで暮らしています」とのメールがあったそうです。 もう一人、チャンドラさん(男性)とは音信不通。彼はその後しばしば来日して旧交を温めていただけに安否が気にかかります。

(2015年5月8日現在) 事務局 奥本浩平(ネパール遠征同行者)



 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved