4年ごとに光り輝く金メダル
7月31日はモン・スポの日

2016年7月31日

      

オリンピックイヤーになると蘇えるのが金メダルです。
モン・スポのメダリストたちにとって忘れられない日、それは7月31日(現地時間7月30日)。
1976年モントリオール大会女子 バレーボール決勝戦で日本が宿敵ソ連(現ロシア)を3-0、僅か1時間余りで破り、東京大会以来女子バレーボールで2個目の金メダルを獲得した日です。

12名全員とはいきませんでしたが、飯田高子、前田悦智子、岡本眞理子、加藤きよみ、高柳昌子、矢野廣美、吉田真理子の7選手が八王子市に集まりました。 JRの駅から車で約15分、小高い山の麓に故山田重雄監督(1998年2月5日没、享年66歳)が眠っています。お墓参りをして、歴史的な戦いを思い浮かべながら、改めて”恩師”の冥福を祈ったのです。 「先生、来ましたよ」思い思いにお墓を撫で、お線香を手向けて、手を合わせていました。 30度を超える猛暑の中、岡本眞理子さんは左足を引きずりながら大阪から駆け付けました。7月初め幼児を助けようと抱っこした際、左足甲を骨折、ギプスがやっととれたばかり。”チームメート”にエスコートされながらの墓参でした。

久しぶりの再会は昼食会で話は爆発です。市内の結婚式場の一室。主将、飯田高子の乾杯の音頭で始まりました。
「祝モントリオールオリンピック女子バレー金メダル40周年の会」大きな横幕は、丸山世津子マネジャー苦心の作。その横にスクリーンにはプロジェクターから映し出された、7・31日ソ決勝戦がノーカットで流れます。 実況中継は故西田善夫アナウンサー(2016年2月27日没=享年80歳)。女子バレーボールをこよなく愛し、応援してくれました。聞きなれた声を途中で消し、画だけを流して40年前へ。「若いねー」だれもが自らの雄姿にほれぼれするばかりです。 「あれから40年」漫談家、綾小路きみまろの名調子ではありませんが、皆かつての面影はどこへやら。とはいっても達者です、とりわけ口は。  

モントリオールのコートは木の床ではなくタラフレックス。滑らないので回転レシーブをしたらパンツが脱げるからと、ヒモで縛ったはいいが、トイレに入った岡本さんは、そのヒモがほどけず大慌てしたと話なすのは前田悦智子。これには皆、大笑いです。
スクリーンにはセンターをおとりにしたセッター松田紀子とレフト白井貴子の“ひかり攻撃”が映し出されます。
センター前田のジャンプを生かした“稲妻落とし”が決まります。懐かしい映像に見入りながら、練習に明け暮れた“地獄の日々”が蘇えるのです。「早朝ランニング、ウエートトレーニングなど山田監督は、これというものは何でもと入り入れた。 筋力も(今の選手たちとは比べ物にならに程)ありましたよ」高柳は厳しい練習のなかにも人に先んじる工夫があったと述懐します。
今言うデータバレーの先駆けともいえるほどソ連を徹底研究しして仮想ソ連チームを仕立て、来る日も来る日も練習試合を重ねました。サイドアウト制(サーブ権を持ったチームがサーブ後のラリーに勝った場合にのいポイントを得られる方式)にもかかわらず、五輪3連覇を狙うソ連を1時間余で片付けたのも納得です。

「笑顔の優勝です。泣かない優勝です」は西田アナの語り継がれる名文句ですが、金メダルを首に懸けた歓びよりも「これで辞められる」と思った選手は少なくなかったのです。 当時の日本スポーツ界では「世界一や名誉ではお腹はいっぱいにならない」と冗談交じりに言われていました。そんな時代、ましてや女子選手は…。20代半ばの彼女たちにとって、幸せは結婚が一番の近道だったのです。

締めのあいさつに立った岡本の話は象徴的でした。「先生の紹介でお見合いをしました。3度デートしましが、結局お断りました。そうしたら往復びんたをもらいました」、苦笑の後「先生はソ連のように結婚してもバレーボールを続けられるようなスポーツ界にしたかった。 それを私たち に求めたんでしょうね。ビッグ(白井貴子)にもお見合いをさたでしょ」  

時代は変わり、今思う”山田重雄監督の先見”。この日の7選手だけでなく、ここへ来れなかった白井、松田、荒木田裕子、金坂克子、横山樹里、丸山マネも同じことを感じているのではないでしょうか。  

モントリオール五輪40年だけではありません。今年はNPO法人バレーボール・モントリオール会設立10年でもあります。 男性5名が駆け付けました。モン・スポ設立時から監事として尽力していただいている公認会計士の香山正男先生は食事会に顔をだしてくれました。金メダルは16歳の時だそうで、同席した池上稔先生(石神井南中学校教諭)とは大学の同期生、 学部も同じとあって、また話も弾んでいました。当時日立チーム専属カメラマンを自負する中野孝さん、テレビ朝日でディレクターだった鴫原正法さん、そしてスポーツ報知記者だった私、奥本浩平はお墓参りから同行。 男性陣は、この日ばかりは脇役、応援団。現役の時代に耳にしていたらスクープニュースの話に興味津々で聞き入りました。
選手全員そろいませんでしたが、懐かしい、楽しい半日でした。

 

<出席できなかった選手の一言>
松田紀子さん
「試合前に会場で中川旅館のおばちゃんを見て、ビッグと『落ち着いているネ』と確認し合った。試合は簡単に勝ちそうだけど『終わったら何処何処へ行くぞ!』なんて言わないでよ、といった」。一緒に厳しい練習をやりながら代表から漏れた永木芳子さんに金メダルを半分にして贈ったエピソードは、日本体育協会のフェアプレーまんがにもなりました。

白井貴子さん
「試合の後、先生に呼ばれてホテルへ行った『これからどうすんだ?』と言われた。オリンピックで金メダルを取るには山田監督のアイデアなしでは勝てないと思っていたので、金メダルを取るまでは日立にいよう、と2年間頑張った。だから『心おきなく辞めます』といった。『(1977年の)W杯の後も、子供を産んでもやれ! (おれは)コートの上で死にたい』とも言われたので『勝手に死ねば』といった」

荒木田裕子さん
「山田さんにはいつも怒られていたので楽しい思い出はありません。怒られた中で一番は、(モントリオールのコートは)初めてタラフレックスを使用したが、滑べらないので短パンにゴムを入れるよう山田さんに指示されたのですが、私とヨシ(吉田)だけが『まぁいいか、入れても入れなくてもわかりゃしない』と入れないでいたら、翌日の練習でチェックが入って怒られました。(中略)メダルを獲ってからもホテル住まいの山田さんに怒られっぱなしで、『もう絶対バレーボールはやめてやる!』と思っていました。とまぁ情けない思い出ばかりです」

丸山世津子マネジャー
「40年前、私は最高の誕生日(7月31日)をもらいました。でも、その夜には早速、監督に怒られて荒木田と空を見ながら優勝とは別の涙を流しましたけど。(笑い)」(1通目の手紙)、「(前略)会社(日立)、山田監督、米田コーチ、選手の人たち…私にとっては“幸い”という言葉以外見つからないほど恵まれていたと思います。本来なら31日い出席させていただき、皆様と語り合いたかったのですが、申し訳ありません(攻略)」(2通目の手紙)  

米田一典コーチは2012年2月26日に他界、享年61歳でした。

文責・奥本浩平


 
 



 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved