ネパール女子選手、日本留学に本会一役

2016年9月6日

      

来日にモン・スポも関わったネパール女子バレーボール選手、チャウダリ・サラスワティさん(20)が9月6日、(公財)日本バレーボール協会を表敬訪問しました。

チャウダリさんは招へい発起人の柳田俊次理学療法士(聖路加病院)とともに訪れ、林孝彦事務局長、荒木田裕子強化本部長(モン・スポ事務局長)、加藤敦志強化本部職員(モン・スポ会員)らが応対しました。  
来日(8月15日)以来、トレーニングを行ってきた筑波大では中西康己監督がほれ込み、2週間の予定を1週延長したほど。本人も「(初めての)日本が大好き」で、Vリーグや長期留学の話を持ち掛けられると、照れ笑いを浮かべながら満更ではない様子を見せていました。

目を皿のようにさせたのは、07年のモン・スポのネパール遠征の話のとき。早大平山郁夫記念ボランティアセンター、UNHCRと一緒になってネパールの難民キャンプを訪れたことを聞かされると、びっくりした表情を見せていました。

袋一杯のお土産は荒木田モン・スポ事務局長から。中には小物入れ、バッグ、Tシャツ、トレーニングウェア上下、金メダルはがきなど。いずれも荒木田さんの私物で「私より背が大きので小さいかもしれない」と不安がっていました。が、180a、ネパール一の長身は、遠慮がちに試着したり、寸法を合わせたりした結果、その心配は杞憂でした。大きな袋に大喜びもつかの間、金メダルの実物を見せらて今度はびっくり仰天。首にかっけての記念撮影は、それこそ又とない思い出になったことでしょう。

「これを機にネパールと日本の交流の懸け橋になってください」林事務局長の言葉に、「ありがとうございましございました。感謝しています」と大きく頷くチャウダリさん。

この日から11日まで千葉敬愛学園高で練習した後、柳田さん宅で日本の家庭生活を楽しみ、14日名残惜しそうに離日しました。
本会にとっては降ってわいたような話でした。チャウダリさんを日本で受け入れるにあたって、柳田さんは滞在資金などを寄付で賄う考えでした。その窓口になる組織を探しているとき、ネパール遠征の経験を持つ本会を知り、話を持ちかてきました。
お役に立てるならと、寄付金振込用に口座をお貸しすることにしました。振り込まれた額は32万円。


 
 



 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved