おめでとう! JOC女性スポーツ賞受賞
宮嶋泰子さん祝う、賑やかに華やかに130名

2017年6月3日  

 女性スポーツ勉強会後の懇親会ですが、6月3日の第9回ばかりは、一変。ステージに「日本オリンピック委員会女性スポーツ賞受賞 おめでとう 宮嶋泰子さん」の看板、スタンド花、祝賀会になったのです。会場も、いつものイタリアン・レストランからほど近い、青学会館IVYホールに。午後5時過ぎ、勉強会を終えた人たちが集まってきました。「おーっ!」華やかな雰囲気に思わずため息が漏れます。

 山口容子さん(フリーアナ、モン・スポ正会員)の司会で5時半開会。真っ先に司会者が読みあげた祝辞がこの賞の意義、選考経過等を表していました。 「日本オリンピック委員会(JOC)女性スポーツ専門部会長を務めております山口香と申します。この度、JOCは宮嶋さまに平成28年度女性スポーツ賞をお贈りしますことが決定いたしました。この賞は、女性スポーツ専門部会が提案し、女性スポーツの普及、発展に貢献された団体、個人を対象に平成26年度に創設された賞です。

 宮嶋さまは皆様もご存知の通り、テレビ朝日入社後、アナウンサー、スポーツコメンテーター、ジャーナリストとしてスポーツ、特に当時はあまり陽の当たらなかった女性スポーツの取材など熱心に取り組んでこられました。また、国やスポーツ組織における有識者として、スポーツ界に多くの助言やご意見、ご提案もいただいてまいりました。こういった活動によってスポーツが、スポーツ界だけの自己満足なものにとどまらず、多くの方々に共感し、応援していただけるものに歩みを進めてこられたと思っております。

 この賞は、これまでの宮嶋さまへの感謝の思いを表すものでありますが、さらに今後もスポーツ、とりわけ女性スポーツにお力添えいただけることをお願いしたいという女性スポーツ専門部会の総意です。最後になりますが宮嶋さまの今後ますますのご活躍をご期待申し上げます」(JOC女性スポーツ専門部会長 山口香)

 「おめでとう」のトップは、女性スポーツ記者の草分けと言ってもよい三ツ谷洋子さん(元産経新聞社運動部、法政大学スポーツ健康学科教授)。1981年12月に米国WSF(Wmen’s Sports Foundation=女性スポーツ財団)を手本にボランティア団体、WSFジャパン(日本支部)を設立。いわば、女性スポーツ振興活動の国内先駆者でもあり、またモン・スポ設立来の会員でもあります。機関誌WSFJで宮嶋アナのインタビューを掲載したこともあるそうで「これからも女性スポーツの発展に一層尽力してください」とエールを送りました。

 勉強会のメーンスポンサー、日本水産鰍フ関口洋一常務執行役員の「かんぱーい!」の音頭で会場は一気に盛り上がりました。
 宮嶋さんは、(公財)日本バレーボール協会(JVA)の理事としても活動しており、壇上のスタンド花はJVAから。林孝彦事務局長も駆けつけお祝いの言葉を贈りました。飛び入りは高山良治さん(認定NPO法人国際地雷処理・地域振興支援の会理事長)。宮嶋さんが統括責任者で行った「地雷のない土地でバレーボールを手に カンボジアプロジェクト」(JVA委託)でお世話になった縁で登壇して、エールを。プロテニスプレーヤー杉山愛さんのお母さん芙紗子さんにも「おめでとう!」の祝辞をいただきました。祝電はJVAの木村憲治会長、JOC理事の橋本聖子さん(参議院議員)からが披露されました。

 お祝いムードの中にも参加者は情報交換、名刺交換、記念撮影と賑やか。時間も忘れる2時間の宴は、萩原和子さん(モン・スポ会員)制作の肖像画と花束を抱えた宮嶋泰子さんの謝辞と「これからも女性スポーツのために頑張ります」でお開きとなりました。(文責・奥本浩平)  ?JOC女性スポーツ賞の表彰式は6月9日、「オリンピック・コンサート2017」(東京国際フォーラム)で行われました。なお、JVAは6月14日、平成29年度総会を開き、木村会長の退任、林事務局長の会長代行、宮嶋理事の退任等を決定しました。また、懇親会でお世話になったイタリアン・レストラン「フェニーチェ」は4月いっぱいで閉店しました。




 
 
 
 
 
 
 
 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved