第23回デフリンピック大会バレーボール
日本女子、16年ぶり金メダルの祝勝会

2017年10月01日  

 第23回デフリンピックのバレーボールで16年ぶりに金メダルを獲得した日本女子チーム(狩野美雪監督)の祝勝会が10月1日、東京・南青山の南青山コレツィオーネで行われ、 モン・スポを代表してお祝いをしました。
 会場の広さの割には参加者が約50名と少なく残念でしたが、デフバレーボールを心から愛してやまない人たちの集まりで、とてもアットホームな雰囲気でした。
 写真は左下が狩野監督(2008年北京五輪代表)、選手、そして東京五輪からモントリオール五輪までのメダリストたちです。  私たちNPO法人バレーボール・モントリオール会も、これまで以上に健常者スポーツと障がい者スポーツの共生を目指して活動しなければ、と痛感したパーティーでした。  バレーボールにはインドア、ビーチ、デフ、シティングなどありますが、全部ひっくるめてバレーボールファミリーです。
 これからは今まで以上に支え合っていきましょう! (荒木田裕子)


◇今大会の日本女子チームの戦績◇
▽1次リーグ イタリア、カナダ、トルコ、ロシアをいずれも3-0で破る。
▽準々決勝 3-0ブラジル ▽準決勝 3-0ウクライナ
▽決勝 3-0イタリア

<デフリンピックとは> 今年で23回を迎え、7月18日から30日までトルコのサムスンで開かれた。世界97か国3地域から21競技に3,104選手(男子2,091、女子1,013)が、日本からは11競技に選手108名(男子74、女子34)が、参加した。 4年に一度開催される視聴覚障碍者のための総合スポーツ大会。夏季大会と冬季大会があり、夏季大会は1924年にフランスで、冬季大会は1949年にイタリアで、始まった。当初は世界ろう者競技大会の名称だったが、国際オリンピック委員会(IOC)の承認を得て2001年から現在の名称になった。ろう者(Deaf)とオリンピック(Olympics)の造語。

<パラリンピックとは> 身体障碍者(肢体不自由=上肢及び下肢の欠損、麻痺=、脳性麻痺、視覚障害、知的障害)を対象にした障がい者スポーツ大会の中で世界最高峰の大会。2004年アテネ五輪から夏季五輪大会と共同開催となった。  起源は1948年のロンドン五輪開会式当日、ストーク・マンデビル病院で行われた車いす使用者のためのストーク・マンデビル競技大会が始まりと言われる。これは第2次世界大戦で負傷した兵士たちのリハビリテーションとして「手術よりスポーツ」の理念で行われた。1952年に国際大会となり、1964年のローマ五輪で第9回国際ストーク・マンデビル競技大会が開かれ、これが第1回パラリンピックと呼ばれている。  1964年の東京五輪では、第13回国際ストーク・マンデビル競技大会が行われ、第1部は国際大会、第2部はすべての障碍者を対象にした日本人選手だけの国内大会が実施された。脊椎損傷等による下半身麻痺者(Paraplegia)とオリンピック(Olympics)の造語。  




 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved