モン・スポに野田聖子大臣から特別部門賞
華やかに女性のチャレンジ賞表彰式


2018年6月27日

      

モン・スポはこの度、内閣府の平成30年度女性のチャレンジ賞特別部門賞を受賞。その表彰式が6月27日、内閣総理大臣官邸(東京・千代田区永田町)で行われました。

モン・スポからは吉田(旧姓高柳)昌子代表理事、女性スポーツ勉強会総合コーディネーターの宮嶋泰子理事(テレビ朝日スポーツコメンテーター)、岸田美也子会員(推薦団体=一般社団法人全国スポーツクラブコミッション特任理事)の3名が出席。野田聖子男女共同参画担当大臣から表彰状、記念品(ガラスの盾)を受賞しました。

同日開催の「男女共同参画社会づくりに向けての全国会議」ではモン・スポなど受賞者・団体をプロジェクターで紹介。表彰式後、総理官邸で開かれた懇親会は200名近くが参加して賑やかで華やかな宴でした。この賞は『スポーツを通じた女性の活躍促進と、性差を踏まえた健康支援』をテーマに、起業、NPO法人での活動、地域活動等にチャレンジし、輝いている女性個人、女性団体・グループやそのようなチャレンジを支援する団体・グループ等を表彰するもので、平成16年度から実施されています。

賞には女性のチャレンジ賞特別部門賞(2件程度)のほか女性のチャレンジ賞(4件程度)、女性のチャレンジ支援賞(2件程度)があり、今年度各賞の受賞者・団体は枠内の2、4、2件でした。実は、この賞についての知識は全くのゼロでした。正月早々、賛助会員の中島昭博さん(岩手県職員)から「内閣府で女性のチャレンジ賞について候補団体を募集しているが、応募しては…」のメールが届くまでは。ただ応募しようと思っても、推薦団体が必要。そこで岸田会員に助言を仰いだところ、二つ返事で自らが理事をしている(一社)全国スポーツクラブコミッションで後押ししていただくことになったのです。慌ただしく書類を作成して2月8日、申請。首を長くして待つこと4か月近く経った5月30日、内定のメールが届いたのでした。

思えば、2006年3月設立以来、“恩返し”を合言葉に、バレーボール教室等を通してスポーツの促進を図ってきた足掛け13年間の実績が評価されたものです。中でも『女性スポーツの環境を変えていこう!』と2014年8月に始めた「女性スポーツ勉強会」こそ、この賞に相応しい活動です。過去11回を数え、全国のスポーツ指導者に“目から鱗”と絶賛されており、今年11月10日には青山の東京ウイメンズプラザで12回目を予定しています。


 
Copyright (C) Montreal Olympic Volleyball Society (NPO). All Rights Reserved